夜空の星には連星が多い

 連星(binary star)というとは2つの恒星が両者の重心の周りを軌道運動している天体である。通常は明るい方の星を主星、暗い方を伴星と呼ぶ。

 夜空に輝いている星のうち約25%、生まれたばかりの星については半分以上が連星だといわれている。太陽は今は単独の星なのだが、昔はひょっとしたら連星だったかもしれない。

 それほど、宇宙には連星の方が多い。そういう中で異常に接近した連星がある、これを近接連星というが、なぜこのような連星ができたのかはよくわかっていない。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。