インスリンというと“糖尿病”だが?

 インスリンとは、からだの中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節するはたらきがある。それに、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンというものに変えて、エネルギーとしてたくわえておくようにするはたらきもある。

 血糖値の高い人ほどインスリンが過剰に分泌されやすいため、食べたその時は一気に血糖値が上がるが、インスリンによって一気に下がって低血糖状態となり、眠くなってしまうというメカニズムがある。

 血糖値が高くなったとき、それを調節するホルモンはインスリンだけ。このたった一つの調節メカニズムが破綻した場合、糖尿病を発症することになる。血糖値を高くする糖尿病はインスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプである。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。