日本の国民食となった「カレー」

 カレーまたはカリー(Curry)は、多種類の香辛料を併用して食材を味付けするというインド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対し、欧米人が名付けた呼称。転じて、それを元にしたヨーロッパ系の料理や、同様に多種の香辛料を併用して味付けされる東南アジアなどの料理も指す。

 日本では、明治時代に当時インド亜大陸の殆どを統治していたイギリスから、イギリス料理として伝わった。それを元に改良されたカレーライス(ライスカレーとも)は「ヨーロッパ系の日本の料理の代表」を超え「国民食」と呼ばれており、故に日本でカレーといえばカレーライスを指す場合が多い。

 今では週に1度以上はカレーを食べるという人、カレーを食べないと”なんだか落ち着かない”という人もいらっしゃるかもしれない。実はそれはカレーに含まれる成分のせいではないか?と思わせるような実験結果が発表された。



海上自衛隊の極旨カレー・レシピのひみつ
クリエーター情報なし
PHP研究所
Dr.白澤のおいしい処方箋 健康カレー (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)
栗山 真由美
角川GP(角川マーケティング)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。