DNA分子の損傷

 DNA分子の損傷は1日1細胞あたり最大50万回程度発生することが知られており、その原因は、正常な代謝活動に伴うもの(DNAポリメラーゼによるDNA複製ミス)と環境要因によるもの(紫外線など)がある。それぞれに対応し、DNA修復には定常的に働いているものと、環境要因などによって誘起されるものがある。

 DNA修復速度の細胞の加齢に伴う低下や、環境要因のよるDNA分子の損傷増大によりDNA修復がDNA損傷の発生に追いつかなくなると、老化(細胞老化)と呼ばれる、不可逆な休眠状態に陥る、アポトーシスあるいはプログラム細胞死と呼ばれる、細胞の自殺が起こる、癌化する…のいずれかの運命をたどることになる。

 人体においては、ほとんどの細胞が細胞老化の状態に達するが、修復できないDNAの損傷が蓄積した細胞ではアポトーシスが起こる。この場合、アポトーシスは体内の細胞がDNAの損傷により癌化し、体全体が生命の危険にさらされるのを防ぐための「切り札」として機能している。



病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌
クリエーター情報なし
メディックメディア
糖尿病を自力で治す最強療法 (カロリー制限も糖質制限も不要! 特製ポスター付き)
クリエーター情報なし
マキノ出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。