真珠湾攻撃・マレー沖海戦

 武蔵は、第二次世界大戦中に建造された大日本帝国海軍の大和型戦艦の二番艦である。当時は武藏と表記された。この名を持つ大日本帝国海軍の艦船としては3隻目である。また、本艦は大日本帝国海軍が建造した最後の戦艦である。

 フィリピンのレイテ島近くのシブヤン海で、太平洋戦争末期に撃沈された武蔵が、3月2日に発見された。終戦から70年目に映された「武蔵」の船体の映像には、海底に沈む「開」などの漢字が書かれたバルブや巨大ないかりが鮮明に映っている。いずれも、さびや海藻が付着していて年月の長さを感じさせる。

 日本時間1941年12月8日未明の真珠湾攻撃(Attack on Pearl Harbor)により、日本は太平洋戦争に突入した。太平洋戦争開戦直後の1941年12月10日、日本軍の上陸を阻止するため出撃したプリンス・オブ・ウェールズは日本海軍航空機(九六式陸攻、一式陸攻)の雷撃及び爆撃により、僚艦レパルスと共にマレー沖にて沈没した。



悲劇の戦艦 大和と武蔵
クリエーター情報なし
PHP研究所
戦艦武蔵 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。