火星には昔海が存在した?

 火星の表面にはいろいろ不思議な地形があるが、なかでも、水が曲がりくねって流れたような地形がいたるところに見られる。深い谷に流れこむ川もあり、川の河口には三角州のような地形もちゃんと見られる。また、川の川床には中洲のような島が見られることもある。

 こういう地形を作ったのは溶岩ではなく、もっとさらさらした液体でなければならない。そうすると考えられるのは、水である。現在では火星の表面には液体の水はみられないが、むかしはたくさんの水があり、川として流れていたと考えられる。

 火星の極地方には二酸化炭素の氷、ドライアイスでできた極冠がみられる。しかし、この極冠の中心部、夏でも消えない極冠は水の氷でできていると考えられ、極地方を中心に、火星の地下には永久凍土の形で多量の水が存在すると思われる。



仮想報道~20万人が応募した火星移住計画は成功するのか? 週刊アスキー・ワンテーマ
クリエーター情報なし
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
人類を火星に!火星探査の時代―NASAの最重要ミッション (ニュートンムック Newton別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。