最古の人類とは何か?

 最古の人類というと、いつ頃どこで存在したのだろうか?

 それはヒトを何で定義するかで異なる。脳が発達して道具を使うことができること、複雑な言語体系があること、火を使用すること、直立二本足歩行をすることなどの条件によって異なる。

 ヒト(人類)の祖先が、チンパンジー・ボノボの祖先と別れたのは600万年前~700万年前くらい。遠いアフリカの地で、乾燥化に伴い、森林が縮小、サバンナの拡大ということが背景にある。ここで、森林生活からサバンナでの生活へと、生活環境を変えざることになった。

 360万年前のタンザニアのラエトリ遺跡には二本足歩行のはっきりとした足跡の化石が残っている。当時はまだ脳の容量もチンパンジー程度、長い腕と短い足といったチンパンジー的な特徴も持っていた。大きさも110cm~140cmとチンパンジーなみである。それより以前、450万年前~430万年前のラミダス猿人がすでに2本足歩行していたという。



人類進化の700万年 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社
私たちは今でも進化しているのか?
クリエーター情報なし
文藝春秋

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。