がんは早期発見が大切

 がんは早期発見が大切である。しかし、これがなかなか難しい。

 例えば、腫瘍マーカー検査追跡法という方法では、がん細胞が存在していることの目印(マーカー)となる物質を使う。がんが「がん」として認識される以前の状態で察知し、対処することができる。検査は、血液検査のみなので簡単で、数分で終わり、費用も2万円ほどである。

 腫瘍マーカーは、糖たんぱく質、ホルモン、酵素などさまざまな種類の物質でできて、診療に利用されているのは二十数種類の腫瘍マーカーだが、問題は腫瘍マーカーが分泌されたからといって、がんになったとは限らないことである。カゼなど他の病気によって発生することもあるし、普通の健康状態であってもいくらかの腫瘍マーカーは発生する。



がんの早期発見と治療の手引き―知っていればこわくない (ホーム・メディカ安心ガイド)
クリエーター情報なし
小学館
早期発見!がん検査キット 女性用(bg5065)(胃がん・大腸がん・肺がん・子宮頸がん)
クリエーター情報なし
株式会社メディック

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。