水星の近日点移動とは何か?

 水星は、太陽系最内縁に位置する小さな地球型惑星(直径4,879 km)であり、大きさは月と火星の中間である。 原始太陽系星雲の最も熱い領域で最後に生成された天体と考えられている。

 太陽に最も近い水星を私はまだ見たことがない。水星は紀元前から知られており、科学の進歩にも重要な役割を果たしてきた。1631年に、Gassendiが水星の太陽面通過を発見した。 「惑星とは、太陽より圧倒的に小さいものだ!」という事実は、古典的な当時の概念を大きく揺さぶった。

 水星には謎がたくさんあるが、1845年には、Le VerrierがNewton力学では説明できない水星近日点の移動を指摘した。 この解明は、Albert Einsteinが1915年に「一般相対論の証明」として見事に果たすこととなる。



太陽系惑星の謎を解く
クリエーター情報なし
シーアンドアール研究所
【ハ゛ーケ゛ンフ゛ック】 近い惑星 水星・金星・火星-星と星座と宇宙の旅6
クリエーター情報なし
小峰書店

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。