腎臓がんとは何か?

 腎臓にできるがんには、腎細胞がんと腎盂(じんう)がんが主であり、これらの多くは成人に発生しする。小児に多く発生するものにはウィルムス腫瘍がある。まれながんとしては、肉腫やほかの臓器からの転移性のがんがある。

 腎細胞がんは尿細管の細胞ががん化したものだが、腎盂がんは尿路の細胞ががん化したものであるため、同じ腎臓にできたがんであっても各々の性質や治療法はまったく異なる。

 わが国の2010年の腎細胞がん死亡数は男性約2.7千人、女性約1.3千人で、男女ともがん死亡全体の1%を占めます。2006年の腎盂を含む腎がんの罹患数用語集アイコン(全国推計値)は、男性約9.6千人、女性約5.3千人で、男女ともがん罹患全体の2%を占める。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。