核磁気共鳴(NMR)の原理

 核磁気共鳴(NMR、Nuclear Magnetic Resonance) は外部静磁場に置かれた原子核が固有の周波数の電磁波と相互作用する現象である。

 物質を構成する原子は磁気双極子モーメントを持ち、その原子は小さな磁石と見なすことができる。磁石に対して磁場をかけると磁石は磁場ベクトルの周りを一定の周波数で歳差運動する。

 原子核も同様に磁気双極子モーメントを持ち、磁場をかけると歳差運動を行なう。この原子核の磁気双極子モーメントの歳差運動の周波数はラーモア周波数 (Larmor frequency) と呼ばれる。この原子核に対してラーモア周波数と同じ周波数で回転する回転磁場をかけると磁場と原子核の間に共鳴が起こる。この共鳴現象が核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance、略してNMR)と呼ばれる。



参考 マイナビニュース: 肉の霜降り具合、牛が生きたままで計測できる装置開発


プロのための牛肉&豚肉 料理百科-部位別使い分け・肉の知識 (別冊専門料理)
クリエーター情報なし
柴田書店
51031 風呂敷ギフト 『宮崎牛 A5ランク 霜降ロース(特選もも/うで)ギフト 300g すき焼き/しゃぶしゃぶ用』 国産 牛肉 高級 すきやき
クリエーター情報なし
黒毛和牛卸問屋 肉のミートたまや

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。