燃料電池とその課題

 燃料電池というと、燃料電池車だ。2014年12月15日、トヨタ自動車は水素を酸素と化学反応させることで電気を発して走行する燃料電池車(FCV)「MIRAI」を発売したことが記憶に新しい。
 燃料電池のしくみは「水素」と「酸素」を触媒により、化学反応させて水ができるときの化学エネルギーを、電気エネルギーに変える装置である。「電池」という名前はついているが、蓄電池のように充電した電気を溜めておくことはできない。

 燃料電池の燃料となる「水素」は、空気、水、石油、天然ガスなど様々なものに含まれており、水素製造の方法も多様だ。太陽光発電などで水を電気分解する方法や天然ガスから水素を採ることも可能。原子炉の高温を使って水から水素を発生させることもできる。燃料電池と呼ばれるゆえんである。



週刊ダイヤモンド 2014年 10/25 [雑誌]
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社
Newton 水素社会の到来
クリエーター情報なし
株式会社ニュートンプレス

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。