シナプスは脳内ハードディスク“HD”ではなかった

 記憶は脳のどこに蓄積されているのか?あたかもPCのハードディスクのように、脳内で記憶を保存しているのはシナプス(神経細胞接合部)であるという考えがこれまで主流だったのだが、最近行なわれた実験と研究でその通説が覆されようとしている。

 シナプスができ、記憶されると考えられる刺激をマウスに与えた直後に、シナプス増強を阻害する薬を与えた。すると、シナプス増強が起きないマウスでは一時的に記憶を喪失していた。しかし、海馬と扁桃体の間の記憶痕跡細胞を刺激してみると失われた記憶が蘇ったのだ。

 シナプスは“脳内ハードディスク”ではなかった。米カリフォルニア・UCLA大学で行なわれた研究は、この通説が覆される驚くべき結論を導き出した。



脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方
クリエーター情報なし
日本放送出版協会
脳から見た心の世界 part2 (別冊日経サイエンス 154)
クリエーター情報なし
日経サイエンス社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。