乾燥の季節、乾燥から身を守るには?

 気温の低下に伴い、空気が乾燥し、皮膚がカサカサになってきた。なぜ冬は空気が乾燥するのだろうか?

 それは、「気温によって、大気中に含むことができる水蒸気の量が変わるから」大気は、気温が高いほど水蒸気を含むことができ、気温が低いほど含めなくなる。なので、気温の低い冬場は空気が乾燥する。

 植物はどうやって、乾燥から身を守るのだろうか?



NHK趣味の園芸・作業12か月 5 サボテン
クリエーター情報なし
NHK出版
nature [Japan] April 23, 2015 Vol. 520 No. 7548 (単号)
クリエーター情報なし
ネイチャー・ジャパン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。