アンモニアの大気を持つ惑星が存在する

 アンモニアというと地球では刺激臭のある気体として、嫌われるが、硝酸などの基礎化学品、硫安などチッソ肥料の原料となるため、工業的にきわめて重要な物質である。

 現在ではアンモニアの工業生産はハーバー・ボッシュ法によるものが一般的である。水素と窒素を鉄触媒存在下 20 MPa、500℃ で反応させることによってアンモニアが生成する。

 太陽系にはアンモニアを大気に含む惑星が存在する。海王星には0.01%、天王星に0.01%、木星に0.02%、土星には0.01%存在する。これらのアンモニアはどうやってできたのだろうか?



ここまでわかった! 太陽系のなぞ: 探査機の写真で見えてきたおどろきの姿 (子供の科学★サイエンスブックス)
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
Newton 小惑星インパクト: 地球衝突による滅亡の危機は,いつ訪れてもおかしくない…
クリエーター情報なし
株式会社ニュートンプレス

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。