いろいろなサルの仲間

 2016年は申年。申はサルと読む。サルと言えば日本では、チンパンジーやニホンザルを思い浮かべる。サルにはどんな仲間がいるのだろうか?

 日本語におけるサル(猿)とは、通俗的な意味ではサル目(霊長目)のうち、ヒト(古人類を含む)を除いたものの総称である。ただし、生物学的観点から見ればヒトもまた「サル」の一種に他ならない。日本の歴史的文献においては、単に猿といえば日本固有種のニホンザルを指す場合が多い。

 しかし、世界を見るとサルの種類は多い。学術的な定義上はオナガザル科(旧世界猿、old world monkey)と広鼻猿(新世界猿、new world monkey)の総称である。


 つまり、サルのうち原猿(曲鼻猿とメガネザル)と類人猿(チンパンジーなど)を含まない。そのため日本語でも、特に翻訳文献で、サルにこれら(特にヒトに最も近いチンパンジー)を含めないことがある。

 原猿(prosimian)とは、真猿以外の霊長類。現生では曲鼻猿とメガネザル。ただし、曲鼻猿のシノニムとして使うこともある。

 類人猿 (ape)は、ヒト以外のヒト上科。現生では大型類人猿とテナガザル(gibbon)。大型類人猿 (great ape)とは、ヒト以外のヒト科。現生ではオランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボがいる。

 オナガザル科は、オナガザル亜科とコロブス亜科に二分される。オナガザル亜科には、マントヒヒ、ニホンザル、マンドリル、などが属する。

 コロブス亜科には、テングザル(体長約65センチメートル・カリマンタンに生息・植物食)、ハヌマンラングール(体長約70センチメートル、インド、スリランカに生息)、キンシコウ、ドゥクラングール、ダスキールトン、フランソワルトン、シロクロコロブスなどが属する。

 広鼻猿にはオマキザル科(Cebidae: マーモセット、タマリン、オマキザル、リスザル)、ヨザル科(Aotidae: ヨザル)、サキ科(Pitheciidae:ティティ、サキ、ウアカリ)、クモザル科(Atelidae: ホエザル、クモザル、ウーリーモンキー)が属する。


 2016年は申年、「申」の意味は?

 2016年は申年。申は猿とは書かない。そこに何か理由があるのだろうか?

 「申」は、干支の十二支の9番目になるが、その意味は「伸ばす」で、「草木が十分に伸びきった時期で、実が成熟して香りと味がそなわり固く殻におおわれていく時期」をいう。

 ちなみに、干支の十二支の1番目の「子(ね)」は、「増える」でこれから子孫を増やそうとするタネ(種子)の時期を表し、干支の十二支の最後の12番目の「亥(い)」は「とざす」という意味で、新たな生命「子」が宿り、エネルギーが閉じ込められ収蔵されている時期である。

 そして、今では、干支を年のことでしか使われないことが多くなったが、12時のお昼のことを「正午(しょうご)」というが、この「午」は干支の「うま」のこと。「申」は現在の午後4時の前後2時間を指す語。昔は24時間を十二支に割り当てていた。

 そして、実は、干支の十二支の「申」の本当の読みは「しん」。 「申」は「さる」ではなく、本当は「しん」と読む。 その「申」という漢字は、「雷」の原字で、元々「稲妻(いなずま)」を表した象形文字になる。

 また、稲妻(いなずま)は、屈折しながら、あちこちの方向に走ることから、「申」を「のびる」という意味や「もうす」という意味で使うようになった。申告(しんこく)や申請(しんせい)という漢字があるが、そういう漢字の意味からきているからである。

 ちなみに、雷は、昔、神が鳴らすものとされ、「神鳴り」とも書かれ、かみなりの語源となった。「申」の字に示偏(しめすへん)をつけると「神」となる。

 「申」と「猿」はまったく関係はない。現在申を猿と読むのは、有力な説として、干支の十二支を広く庶民にも理解してもらい、昔当時は字を読めない人も多かったため、わかりやすく憶えやすくするために、動物の猿を割りあてたといわれている。

 干支の十二支は、その昔、農業に利用され、農作物の生育に関わる暦として利用されていました。 その9番目の「申(さる)」は、「伸ばす」という意味があり、「草木が十分に伸びきった時期で、実が成熟して香りと味がそなわり固く殻におおわれていく時期」をいう。


 2016年の干支は丙申(ひのえさる)、その意味は?

 2016年の干支(えと)は丙申。干支は年賀状を書く人なら年末ごろになって意識する。でもそのときは、だいたい動物のことが中心である。動物で言えば、申年(さるどし)。

 もっと暦(こよみ)っぽく言うと、丙申(ひのえさる)が干支。申の前にある「丙」は「ひのえ」と読む。「さる」は十二支の1つ。「ね、うし、とら、う、たつ…」と言ったように12年間隔で繰り返す。

 「ひのえ」の部分は干(かん)と言って、同じように10種類を1年ずつ繰り返す。干が10個で十干、支が12個で十二支、それが組み合わさって干支(えと)という。

 つまり、干支というのは干と支の組み合わせのこと。暦的に言うと、さる年だけだと物足りない。60年ぶりにやってきたのが丙申である。

 甲子(きのえね)という組み合わせが60種類の最初。そこから年が巡って33番目が2016年の「丙申」になる。


 五行相克「火と金」

 干支の組み合わせには五行という考え方がある。干支の干と支の性質を五行(木・火・土・金・水)で表す。

 丙は「火の兄」が語源になっていて「火」の性質。申は「金」の性質とされる。火と金の相性はどうでしょうか。自然界をイメージすると...。

 火は金を溶かす。つまり、「丙申」の組み合わせは、「丙」が「申」に打ち勝つ。

 こういう場合は「相剋(そうこく)」といい、順調ではないともいわれたりする。こんな見方ができる2016年だが、もう少し違った見方もできる。

 丙申の文字の意味から考えると。丙申の2つの漢字には意味がある。まずは「丙(ひのえ)」の文字に着目すると...。

 丙は「明らか」という意味がある。甲、乙、丙と、十干の中では3番目。十干は樹木の成長に例えられるのだが、丙は形が明らかになってくる頃。

 前年の「乙」はまだ自由に伸びることができず、曲がっている状態。なので、ちょっと成長して形が明らかになる時期を意味する。


 「丙申」の文字の意味

 申は「呻く(うめく)」という意味もある。これも語源は樹木の成長に例えられる。申の呻くは果実が成熟して行って、固まって行く状態を表している。完熟までは達しない状態である。

 「形が明らかになってくる」、「実が固まっていく」とはどういうことだろうか。その答えは歴史が教えてくれる。

 前回の丙申の年を見てみよう。前回の丙申は60年前。1956年(昭和31)年を遡ってみて欲しい。その年に何が起こったか。

 1956年はもはや戦後ではない年。日本は神武景気と言われた時期である。戦前の経済水準を超えるまでに回復して、「もはや戦後ではない」と経済白書に記載された。「もはや戦後ではない」は流行語にもなった。戦後の復興が改めて明確に示された年と言える。

 国際的には、日本は国際連合に加盟。その前に日ソ共同宣言がありました。そのソ連での出来事も見逃せません。ソ連でのスターリン批判。1956年、フルシチョフがスターリンを批判しました。独裁だったスターリンの死後、スターリンの横暴ぶりをフルシチョフが公表した。明らかになっている。

 日本の話に戻って、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸がこの年に政令指定都市になった。もともと大都市であったわけだが、これで改めて明確になった。


 芸能人の活躍も明らかになっていく

 「太陽の季節」と石原裕次郎さんのデビュー。石原裕次郎のデビュー作、映画「太陽の季節」公開。戦後の経済成長の中での若者の姿を捉えたもので「太陽族」はこのときの流行語。不道徳ものの若者のことだそうだ。

 石原裕次郎さんはこの時、お兄さんが原作の本を書いているので、そのスタッフとして現場にいたらしい。それがきっかけで俳優デビュー。その後は国民的スターに。まさにこのとき、形がはっきりしたような感じがする。

 エルヴィス・プレスリーの活躍。アメリカではこの年にだろうエルヴィス・プレスリーが不動の人気を得て行く。エルヴィス・プレスリーが全米チャート1位に。そしてこの年のレコード売上トップ。100位以内にランクインした曲数が史上最高を記録したそうだ。

 この年にデビューしたんじゃなくて、ブレークしたのがポイントだ。

 もう一つ気になるのが免田事件の再審。免田事件で死刑が確定した免田栄さんの再審が認められた。死刑囚の再審を認めることは初めてだったようだ。なんで再審が認められたのか。何かが明らかになったわけだ。


 丙申の年は形が明らかになって、実が固まっていく?

 どうだろう?どれも明らかになって行っいないだろうか?「もはや戦後ではない」とか、「太陽族」とかは、今まで気づいていたようなことだけど、明文化されてはじめて実感するような印象を受けないか?

 それから、「スターリン批判」、「免田事件」は知らなかったことが明らかになり、今までの考えが変わるきっかけとなっている。エルビスプレスリーもこの年のデビューではないが、どんどん人気を得て行ったのが1956年。

 ロックンロールというジャンルが形作られて、アメリカに溶け込んで行くわけだ。決して最盛期というわけではなく、生まれたというわけでもなく。形になっていくのが丙申の年のような気がする。

 前年の2015年の干支は「乙未」でした。乙未の年はすごい人が何人も生まれた年。何かを生み出すべき年だった。それでは2016年の丙申の年はどんな年になると言えるんか。

 キーワードは「形が明らかになってくる」「実が固まっていく」。丙申の文字の意味がヒントである。これまで日の目を見なかったことが形となって現れて来る年だと言えるのではないだろうか。

 2016年は何かを始めるというよりも、これまでの頑張りが形になっていく。評価されてこなかったことが評価されるとか。これまで気づけなかったことに気づくとか。

 見えてくるものがある。待つだけでなく、積極的に行くべきかもしれない。今までの曖昧な関係にけじめを付けるとか、隠していたことを話してみるとか。

 新たな発見。それをきっかけに新たな道が開かれるかもしれない。2016年は、頑張ってきた人の努力が形になっていく年とまとめたいと思う。


参考 レイモンド・ロー:2016年丙申年の運勢


九星開運暦平成28年(2016年)版
クリエーター情報なし
ハート出版
超雑学 読んだら話したくなる 幸運を招く陰陽五行
クリエーター情報なし
日本実業出版社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please