ポールシフトは過去に起きている

 ポールシフト (pole shift) とは、惑星など天体の自転に伴う極(自転軸や磁極など)が、何らかの要因で現在の位置から移動すること。

 軸を固定したまま南北の磁性のみが反転する現象については「地磁気逆転」とも呼ぶ。現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。

 信じられないことだが、これまでの研究により、360万年に11回もN極とS極が反転する「ポールシフト(地磁気反転)」が起こっていたことが判明している。



地磁気逆転X年 (岩波ジュニア新書)
クリエーター情報なし
岩波書店
氷河期の謎とポールシフト (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
クリエーター情報なし
学習研究社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。