不老不死は永遠のあこがれ

 不老不死とは、永久に若く死なないこと。

 中国人の伝統的な生命観の一つとされており、始皇帝は実際に不老不死の薬を求め、かえって死期を早めた。その他にも不老不死を求める話は後述の通り世界各地にある。

 古今東西の賢人は、後述の通り不老不死を求める行為の愚かさについて指摘している。中国では古くは始皇帝(紀元前3世紀ころの人物)が不老不死を求め、実際に徐福に蓬莱の国へ行き仙人を連れてくるように(あるいは仙薬を持ってくるようにと)命じたことが『史記』に記録されている。無論それらを探し出せなかった徐福は始皇帝の怒りを恐れて、そのまま日本に「亡命」したと伝説は語っている。



究極のサイエンス 不老不死
クリエーター情報なし
八幡書店
永久に、そして永遠に: 海に住むこの小さく繊細な生き物が不老不死の秘密を解き明かすのか?
クリエーター情報なし
紀南出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。