北極点・南極点を目指した人

 北極点や南極点に世界で初めて到達した人は誰だろうか?

 1909年4月6日、アメリカのロバート・ピアリーらがカナダ・エルズミア島のコロンビア岬から犬ぞりで北極点初到達したとされている。ただし、厳密には北緯89°57′までの到達だった。

 南極点への初到達は1911年12月15日、ノルウェーのロアール・アムンセンの南極点遠征隊によって成し遂げられた。イギリスのロバート・スコットもまたテラノヴァ号探検隊を組んで再び南極大陸に上陸し、南極点を目指していた。スコットと4人の探検隊が南極点に到達したのは1912年1月17日、アムンセンに遅れる事34日後だった。帰路、飢餓と極寒の中で彼らは全滅した。



アムンセンとスコット―南極点への到達に賭ける
クリエーター情報なし
教育社
まぼろしの大陸へ 白瀬中尉南極探検物語 (ノンフィクション・生きるチカラ5)
クリエーター情報なし
岩崎書店

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。