生物のつくる石灰質堆積物

 生物礁とは、炭酸塩骨格を分泌する固着性生物により、浅海域で作られた石灰質堆積物である。現在、亜熱帯から浅海域に発達しているサンゴ礁のように、生物礁では、生物群集の多様度と、堆積物の生産性が高いという特徴がある。

 サンゴはクラゲなどと同じ刺胞動物のなかまで、体内に褐虫藻という藻類を共生させているものがいる。そのようなものは造礁性サンゴと呼ばれる。褐虫藻から分泌する粘液で、海水中に浮遊する微細なミネラルの粒子を捕らえ、炭酸カルシウムと結合させてサンゴの骨格がつくられる。



サンゴ礁―生物がつくった〈生物の楽園〉 (シリーズ〈共生の生態学〉 (5))
クリエーター情報なし
平凡社
フィールド古生物学―進化の足跡を化石から読み解く (Natural History)
クリエーター情報なし
東京大学出版会

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。