レモンの健康成分

 レモン(lemon学名: Citrus limon)は、ミカン科ミカン属の常緑低木、またはその果実のこと。柑橘類のひとつであり、なかでも主に酸味や香りを楽しむ、いわゆる香酸柑橘類に属する。

 レモンの近縁種の一つ、シトロンの別名がクエン(枸櫞)で、クエン酸の名はこれに由来する。レモンには大量のクエン酸(4%から8%)が含まれており、これを利用して水垢や汚れを落とすことができるため、家庭内で掃除に用いられることがある。また、リンゴなどの切り口が褐色に変色しやすいものにレモン汁をかければ、変色を抑えることができる。

 酸性を示すことと、還元作用のあるビタミンCを多く含むことから美白、美顔用の材料にも用いられることがある。レモンと言えば、ビタミンCとすぐに思いつくほど、そのビタミンC含有量は100g中50mgと柑橘類の中ではトップクラス。



塩レモンのチカラ: きれいと健康をつくる! (生活シリーズ)
クリエーター情報なし
主婦と生活社
レモンさわやかクッキング―健康にも美容にもうれしいレシピ (SERIES食彩生活)
クリエーター情報なし
素朴社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。