現在の大気と原始大気

 地球の大気の成分は何だろうか?

 もちろん、酸素、窒素、アルゴン、二酸化炭素などである。酸素はおよそ20%、窒素が79%である。アルゴンが0.9%。二酸化炭素が増えて温暖化が問題になっているというが、0.04%(400ppm)で、わずかなものである。

 それでは、昔からこのような大気だったのであろうか?

 どうもそうではないらしい。地球大気の歴史については、確証は得られていないが、以下のようなことが考えられている。



隕石―宇宙からのタイムカプセル
クリエーター情報なし
シュプリンガー・フェアラーク東京
海はどうしてできたのか 壮大なスケールの地球進化史 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。