STAP現象の実験に韓国からの留学生が成功 日本は何をしているのか?

 日本では「ES細胞の混入によるねつ造だった」として否定された、小保方晴子氏のSTAP細胞の研究。しかし、海の向こうではその可能性にかけて研究を続ける研究者がいるようだ。

 3月に発表された独ハイデルベルグ大学のガンの研究チームの論文が「STAP細胞を再現した」ものであると、ネット上で話題になっている。この論文の筆頭著者は、キム・ジヨン氏。2014年から韓国政府の支援で海外留学プログラムに参加している、博士課程在籍中の女性だ。

 日本は、新発見につながる研究を潰し、他国に成果を譲り渡すことになるのだろうか。「STAP細胞の研究は現在も興味深い」



あの日 クリエーター情報なし 講談社
STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~
クリエーター情報なし
ビジネス社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。