熱い飲み物にがんリスクの可能性、コーヒーにはなし 国連機関

 国連(UN)のがん研究機関、国際がん研究機関(IARC)は6月15日、非常に熱い飲み物は食道がんの要因に「恐らく」なるとの研究結果を発表した。一方、関連性が疑われていたコーヒーについては「通常提供される温度」で摂取すれば、これまで考えられていたような危険は見つからなかったという。

 ストレスの多い現代社会、あらゆることががんの要因になる。今回は、65度以上の温度で飲み物を摂取した場合に、食道がんの原因となる可能性があることを示す証拠が一部で見つかったという。周りの人たちもバタバタとがんでこの世を去っていく。

 現在、一般的に行われているがん治療は、外科治療(手術)、化学療法(分子標的薬を含む抗がん剤による治療)、放射線治療の3つで、これらを総称して三大がん治療といわれている。この三大がん治療に加えて、近年“第4のがん治療”として注目されているのが免疫療法である。免疫とは、体の中に侵入した異物を排除するために、誰もが生まれながらに備えている能力。この能力を高め、がんの治療を目的とした免疫療法を特に「がん免疫療法」という。



改訂版 がん化学療法副作用対策ハンドブック〜副作用の予防・治療から,抗がん剤の減量・休薬の基準,外来での注意点まで
クリエーター情報なし
羊土社
がん化学療法の薬-抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬-はや調べノート (プロフェッショナルがんナーシング2013年別冊)
クリエーター情報なし
メディカ出版

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。