ミツクリザメの飛び出すアゴ

 ミツクリザメは、1898 年に日本で発見された深海ザメである。その色素を欠いた桃色の体と、 歯がむき出しになった恐ろしげな容貌から、欧米では「goblin shark(悪魔のサメ)」の呼称で知ら れている。しかし、発見から 1 世紀以上経っても、その生態はほとんど明らかになっておらず、特 にミツクリザメの最大の特徴と言える前方に突出する顎が、捕食時にどのように使われるのかは大きな謎だった。

 しかし、2008 年と 2011 年に、日本放送協会(NHK)が世界で初めてミツクリザメの捕食 シーンの撮影に成功し、その様子がテレビで放映された。北海道大学の仲谷名誉教授はその番組作りにも参加 し、NHK からその映像を研究目的で解析することの了解を得て、謎であったミツクリザメの捕食行動 の詳細を調査した。

 NHK が東京湾で撮影したミツクリザメの生体映像を、3.3~13.2ms(ミリ秒)の分解写真にして、その捕食行動を詳細に解析した。



サメ-海の王者たち-改訂版
クリエーター情報なし
ブックマン社
スカイネット 立体パズル 4D VISION 動物解剖 No.02 ホホジロ鮫解剖モデル
クリエーター情報なし
青島文化教材社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。