化学電池に不可欠「電解液」

 電池の電解液 (Electrolyte Solution) というと、イオン性物質を水などの極性溶媒に溶解させて作った、電気伝導性を有する溶液のこと。乾電池の中にも電解液が少量入っている。時々液漏れするのは電解液だ。

 例えば、マンガン乾電池の電解液には塩化アンモニウムや塩化亜鉛が溶けているのに対し、アルカリ乾電池は水酸化カリウムが溶けている。電解液は電解質が溶けていればよく、塩酸や硫酸、食塩でも電池になる。

 今回、東京大学大学院工学系研究科のグループは、科学技術振興機構、物質・材料研究機構との共同研究により「水」をベースとした新カテゴリーのリチウムイオン伝導性液体「常温溶融水和物(ハイドレートメルト)」を発見。研究成果を「Nature Energy」電子版に発表した。



通読できてよくわかる 電気のしくみ (BERET SCIENCE)
クリエーター情報なし
ベレ出版
パナソニック EVOLTA 単1形アルカリ乾電池 6本パック LR20EJ/6SW
クリエーター情報なし
パナソニック

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。