人類は「光速」を超えられるか?

 超光速航法は、SFなどに見られる架空の航法であり、宇宙船が光速を超える速さで航行するための技術である。

 相対性理論によると、物体の相対論的質量は速度が上がるにしたがって増加し、光速において無限大となる。このため、単純に加速を続けるだけでは光速に達することも、光速を超えることもできない。宇宙を縦横無尽に駆け回るSFの恒星船ではこのままだと都合が悪いので、さまざまな架空理論にもとづく超光速航法が考えられている。

 ワープ(warp)もその一つである。ワープはSFに登場する超光速航法で「宇宙空間歪曲航法」などとも呼ばれる。日本ではアニメ「宇宙戦艦ヤマト」のヒットで良く知られるようになったが、アメリカなどでは「スタートレック」シリーズの"Warp drive"で有名になった用語である。



ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く
クリエーター情報なし
NHK出版
スター・トレック イントゥ・ダークネス (字幕版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。