環のある天体とは何か?

 環のある天体というと土星である。土星の環は、太陽系で最も顕著な美しい惑星の環である。μm単位からm単位の無数の小さな粒子が集団になり、土星の周りを回っている。環の粒子はほぼ全て水の氷であり、塵やその他の物質が少量混入している。 環からの反射光によって土星の視等級が増すが、地球から裸眼で土星の環を見ることはできない。

 密度の濃いメインリングは、土星の赤道から7000kmから8万kmの距離に広がっている。最も薄いところで約10m、最も厚いところで約1kmと推定されている。99.9%が純粋な水の氷であり、不純物としてソリンやケイ素を含む。メインリングを構成する粒子の大きさは、主に直径1cmから10m程度である。土星の環が氷なのは、環の起源となる天体が接近通過できる距離が、惑星の密度によって異なることが原因だということがわかっている。

 土星の環はいつどうやって誕生したのだろうか?また、土星以外に環を持つ天体は存在するのだろうか?



ニュー・ホライズンズ探査機がとらえた冥王星
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト
土星: 第六惑星写真集
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。