謎の天体が太陽系を通過中

 10月19日に発見された小惑星、その存在に世界中の天文学者は驚愕した。何しろこの小惑星太陽系のものではなかったからだ。

 天体望遠鏡の発展により、人類は何億光年も離れている銀河を観測する技術は手に入れたが、太陽系の外はおろか、地球の重力を振り切って宇宙空間に出ることさえ大変だ。宇宙飛行士という特権のある人にのみそのチャンスがあるだけだ。

 人類が打ち上げた惑星探査機にボイジャー1号・2号があるが、ボイジャー1号・2号が打ち上げられたのは1977年、40年も経てようやく太陽系の端っこに辿り着いたかどうかのところにある。



 太陽系の外に何があるかまったくわからないのが現状だった。そこに現れた、この天体は「A/2017 U1」と呼ばれ、米ハワイ大学の研究者が10月19日に同大の「パンスターズ1望遠鏡」を使って発見した。直径は400メートル以下で、秒速25.5キロで移動していた。この天体が太陽系から来たものではないかという。

 そう考えられるのは、通常の彗星と違って太陽を周回しない「双曲線」と呼ばれる軌道をとっているためだ。太陽系外から来たことがはっきりすれば初めての天体で、どこまでその正体に迫れるかが注目される。

 「A/2017 U1」と呼ばれていたこの天体は、ハワイの言葉で「遠方からの最初の使者」を意味する「オウムアムア(‘Oumuamua)」と名付けられた。太陽系の外から飛来した岩と氷の固まりが観測されるのは今回が初めてで、系外惑星の成り立ちについてヒントを与えてくれそうだ。

 今年9月9日には、太陽のほぼ真上から水星軌道の間を目指して飛び降りるような角度で太陽に最接近。その後は太陽の下を潜り込むように進み、10月14日に地球から2400万キロの距離を通過した。11月1日に火星の軌道を通過し、20日には、地球から2億キロ離れた宇宙空間をペガサス座の方向に向かって秒速38.3キロで進んでいて、2018年5月には木星軌道を通り過ぎ、2019年には土星の軌道を超えて、太陽系を脱出する見通しだ。  

 興味深いのはその形状だ。極端な楕円形をしていて、回転しながら進む巨大な葉巻型をしているという。葉巻型で思い出すのがUFOである。世界各地で目撃されている未確認飛行物体UFOだが、形、色、大きさはさまざまなものがある。

 その中で葉巻型UFOというと、細長い棒状のUFOで、巨大なものが多く、小さな球型が葉巻型の中に収納される場面も目撃されているので、母船のような役割があるのではと考えられている。今回の「オウムアムア」遠い宇宙から来たUFOではないだろうか?


太陽系に飛来した天体オウムアムア、極端な楕円形

 太陽系の外からやってきて、2017年10月に地球のそばを通り過ぎて行った謎の天体について、天文学者らが科学誌「ネイチャー」に最初の報告を行った。

 「これはものすごいことです。小惑星を研究する学者たちにとっては、重力波観測のニュースに匹敵するほどです」。NASAの天文学者ジョゼフ・マシエロ氏は、この天体が見つかったときにそう語った。

  今回のネイチャー誌への報告によると、オウムアムアは太陽系外に起源をもち、長さが幅の10倍以上ある極端な楕円形で、回転しながら進む巨大な鉛筆のようだという。「極端に細長くて、きわめて珍しい。太陽系にこんな天体はありません」と、報告書の著者である米ハワイ大学天文学研究所のカレン・ミーチ氏は言う。

 天体が見つかったのは10月19日。ハワイ大学の博士研究員ロブ・ウェリク氏が同大学の「パンスターズ1」望遠鏡がとらえた一連の画像のなかから見つけた。

 ウェリク氏は、欧州宇宙機関(ESA)の天文学者マルコ・ミチェリ氏とともに調査、「A/2017 U1」と呼ばれるこの天体が太陽の引力を振り切ることができるとわかった。時速約15万キロで地球から遠ざかっていたのだ。その後、この天体は「オウムアムア」と名付けけられた。

 この太陽系脱出の旅を研究者らが観察したところ「オウムアムア」には塵やガスの尾がなかった。つまりこの天体は彗星ではなく、別の恒星の周りで形成された小惑星とみられる。

 また、この天体の表面が、赤みがかった光を反射していることも観察された。この説明としてミーチ氏は、オウムアムアが有機物や金属鉄、あるいは輝石と呼ばれる鉱物で覆われているかもしれないと推測する。人間の目には、おそらく深い茶色に見えるだろうと彼女は言う。

 さらに、この天体は数時間ごとに明るさが10倍も変化する。このようなサイクルから、小惑星は細長い形をしており、7.34時間周期で回転していると考えられる。オウムアムアが明るく輝くとき、その長い側面が私たちの方を向いて効果的に太陽光を反射する。一方、暗くなったとき、私たちは天体の片方の先端を見ているということだ。

 周期から考えると、この天体の長さは180~400メートル、幅40メートルほどと考えられる。非常に珍しい形状だ。


 恒星間天体「オウムアムア」は細長い葉巻形

 米・ハワイ大学天文学研究所のKaren Meechさんたちの研究チームが、ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTでオウムアムアを観測したところ、天体の明るさが7.3時間の周期で10倍も変化していることが明らかになった。変光の原因はいくつか考えられるが、Meechさんたちはオウムアムアが細長い形をしていて、自転に伴って明るさが変わると考えている。

 オウムアムアは長さが400m以上で密度が高く、岩石質か多量の金属を含む組成で、水や氷はほとんどないと考えられている。暗く赤っぽい色は、数百万年間も宇宙線を浴びてきた影響だろう。

 オウムアムアの長さは幅に対して10倍も大きいが、この比は太陽系内のどの小惑星や彗星よりも大きい値だ。これまでに知られている小天体では、幅に対して長さが3倍が最大だった。驚くほど細長い形は、他の恒星系の形成に関する新たな手がかりとなるかもしれない。

 初期の軌道計算から、オウムアムアはこと座のベガの方向からやってきたことが示された。しかし、時速約9万5000kmという猛列な速度をもってしても、恒星間天体が太陽系へやってくるには相当の時間がかかる。オウムアムアは太陽系に遭遇するまでの数億年間、他の恒星系から離れたまま、天の川銀河内をさまよっていた可能性が十分にある。

 オウムアムアは現在、太陽に対して秒速約38kmで太陽系からどんどん離れており、地球からは約2.2億km離れたうお座の方向にある。来年5月には木星軌道を、再来年1月には土星軌道を越えて太陽系を後にし、べガスス座の方向へ向かう。今後は暗くなる一方だが、研究者たちは可能な限り追跡を続け、オウムアムアの性質を明らかにしようとしている。

 この天体はすでに地上の望遠鏡から観測することはできないが、天文学者は宇宙望遠鏡を使ってそれを追跡している。ミーチ氏によると、今週は赤外線を観測するスピッツァー宇宙望遠鏡がオウムアムアを視野に入れており、2018年1月にはハッブル宇宙望遠鏡を使ってさらなる追跡を目指すという。


 UFOの形と種類

 ここで、UFOのさまざまな形状をあげておきたい。オウムアムアが、この中で葉巻型UFOに似ていると感じるのは私だけではあるまい。

 円盤型UFO: もっともポピュラーなタイプのUFOで、時代を問わず目撃例が一番多いタイプである。形は真ん丸の円盤そのもので、色はシルバーというのがスタンダード。大きさは様々で、小型だと直径数センチくらい、大型だと数百メートルくらいのものが目撃されている。

 クルクル回転をしながら飛行をしており、ゆっくり飛んでいることもあれば目にも留まらぬ速さで飛んでいることもある。世界でもっとも有名なUFO事件「ロズウェル事件」で墜落したUFOはこのタイプだと言われている。

 アダムスキー型UFO: アメリカ人のジョージ・アダムスキーさんが1952年撮影して話題となり、元祖UFOと称されるタイプ。麦わら帽子のような形をしており、色はシルバーで底面に半球の突起物が3つある。

 近年、アダムスキー型UFOは目撃されていないので遭遇できたら非常にレアかも。

 三角型UFO: このタイプは2000年以降から目撃例が増えていて、正三角形のものが多く、先端に白いライトが3つ、中心に赤いライトが光っていて、色はブラック。音もなくゆっくりと飛行しているが多く、目撃者が撮影に成功する率が高いUFO。

 一説によると、トライアングル型UFOはアメリカ軍が極秘に研究開発をしている「TR3B」という最新鋭の戦闘機とも言われている。

 葉巻型UFO: 巨大なものが多く、小型のUFOが飛び立つところも目撃されていることから、母船型のUFOだとされている。上空に浮かんでいることが多いが、湖に出入りしている所も目撃されている。

 宇宙望遠鏡に写ったものだと、惑星よりも巨大な葉巻型UFOも存在しているようだ。

 ボール型UFO: 世界中で目撃例が多く、気象観測用の風船と見間違われることもある。色は白やシルバーで、様々な方向へ行ったり来たりして合体や分裂を繰り返し、光っていることも多い。

 ピラミッド型UFO: 最近、目撃例が急増しているタイプ。特に中国での目撃例が多くなっている。ピラミッドが2つ合体したような形をしており、ゆっくりと飛行していることが多い。

 半透明なものや、突如消えたり現れたりする姿も目撃されていることから、別次元からやってきているUFOの可能性も指摘されている。間違いなくこの地球には数え切れないほどのUFOが訪れている。


参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/112200451/


UFOと宇宙人の大百科 (学研ミステリー百科)
クリエーター情報なし
学研教育出版
ハッブル宇宙望遠鏡 宇宙の絶景: 太陽系から、130億光年離れた彼方の銀河まで (知的生きかた文庫)
クリエーター情報なし
三笠書房

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please