地球温暖化?12月の蚊が悩ましい

 最近暖かい日が続いたので、12月になろうとするのに蚊が発生して悩ましい。蚊なんてものはこの世から亡くなった方が良いのではないのだろうか?

 蚊に刺されるとかゆみを生じる。これは、吸血の際、抗凝血作用物質(血が凝固することを防止するためのもの)を含んだ唾液を注入され、この唾液によってアレルギー反応を起こすためである。しかし、蚊の被害で最も恐ろしいのは蚊に刺されることにより、感染症にかかってしまうことだ。

 蚊が媒介する感染症として日本では日本脳炎と、近年ではデング熱が広く知られている。ペットの病気としてフィラリア、海外ではマラリア、デング熱、ウエストナイル熱などがある。



感染症と病原体: 敵を知り、制圧・撲滅でなく、賢く共生!
クリエーター情報なし
クバプロ
蚊・ウイルスの運び屋―蚊と感染症の恐怖 (ヴィレッジブックス)
クリエーター情報なし
ソニーマガジンズ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。