腸内環境と腸内フローラ

 私たちの健康のために「腸内環境」が大切なのはいうまでもない。私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上。 特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。 顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、「腸内フローラ」と呼ばれる。

 腸内フローラには、体に良い働きをする「善玉菌」がいる。代表的なのは、乳酸菌と呼ばれるフェーカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌などである。また、体に悪い働きをする「悪玉菌」ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などがあり、腸内で有害物質をつくり出す。

 また、どちらにも属さない「日和見菌(ひよりみきん)」がおり、腸内の善玉菌・悪玉菌の、優勢な方に同調(味方)する。これらのバランス(腸内フローラの状態)を「腸内環境」という。



人は「腸」で若返る。 健康寿命を延ばす「不老」の免疫学 (講談社+α文庫)
クリエーター情報なし
講談社
体にいい寄生虫―ダイエットから花粉症まで (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。