水星とは何か?

 水星(Mercury)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小である。例えば赤道面での直径 4,879.4km は地球の38%に過ぎない。

 水星よりも大きな衛星は木星のガニメデと土星のタイタンがある。水星には衛星や環はない。天球上での見かけの明るさは−0.4等から5.5等まで変化する。水星は太陽に非常に近いため、日の出前と日没直後のわずかな時間しか観察できず、時期によっては望遠鏡でも見ることが難しい。これは太陽との最大離角が28.3度に過ぎないためである。

 アメリカの探査機マリナー10号 (1974年 - 1975年) が初めて水星へ接近し、地表の約40%ないし45%の地図が作られた。撮影された映像から、水星には多数のクレーターがあり、月と非常によく似た環境だと考えられた。依然として分からないことが多い惑星であるが、2008年~2015年に探査をしたアメリカのメッセンジャーや2018年に打ち上げ予定の日欧共同プロジェクトベピ・コロンボなどによって、探査の進展が期待されている。



高校2年生から学べるハイレベル物理 力学 第13話: 万有引力とケプラーの法則
クリエーター情報なし
株式会社とおちか
Newton 重要 原理・法則集 天体,原子や分子,生物を支配する法則
クリエーター情報なし
株式会社ニュートンプレス

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。