すでにヒトクローンは存在「受精卵クローン」

 クローンは、同一の遺伝情報を持つ個体または細胞の集団をいう。 植物については、古くから挿し木などのクローン技術が農業、園芸で利用されている。動物については、動物の体細胞(普通の細胞)の核を受精卵の核と交換する方法などで行われる。

 1962年に世界で初めて、体細胞クローン動物が、ジョン・ガードンによりアフリカツメガエルのオタマジャクシから核を卵に移植することで誕生した。それから約50年で人類はヒトのクローンまで可能な段階に到達した。

 1996年にキャンベルらによってヒツジ乳腺細胞核由来のクローン(ドリー、2003年 2月14日死亡)が作られ、これは哺乳類の体細胞クローンから作られたという点で注目を集めた。



人クローン技術は許されるか
クリエーター情報なし
緑風出版
iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?
クリエーター情報なし
日本実業出版社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。