平成30年7月豪雨

 2018年(平成30年)6月28日から7月8日頃にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で集中豪雨が記録された。台風7号および梅雨前線等の影響により起きた集中豪雨である。7月9日に気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した。

 西日本の広い範囲で、河川の氾濫や洪水、土砂災害などの被害が発生している。2018年7月16日13時45分現在の総務省消防庁による被害状況の集計によると、人的被害は、死者 211名、行方不明者 18名、建物被害は全壊 401、半壊 347、床上浸水 9,915棟、床下浸水 17,008棟にものぼっている。

 6月29日に発生した台風7号は太平洋高気圧の外側を回り込むように7月4日にかけて東シナ海を北上し、対馬海峡付近で進路を北東に変えて日本海上に抜けたが、太平洋高気圧の影響で梅雨前線が7月2日から5日頃に北海道に停滞し、広範囲で雨量が7月の月降水量の平年値を超えるなどした。



 その後、太平洋高気圧が南東に移動したことで、北海道付近にあった梅雨前線が南下。九州地方では台風の影響による雨が7月3日頃から降り続いていたが、特に7月5日から、九州から中部地方にかけて停滞した梅雨前線に向かって台風7号がもたらした暖かく湿った空気が流れ込むことで梅雨前線が活発化。

 東シナ海からの湿った南東風と、太平洋高気圧の縁を回る湿った南風が西日本付近で合流し、極めて大量の水蒸気がもたらされた。梅雨前線は9日に北上して活動を弱めるまで日本上空に停滞。西日本から東日本にかけて広い範囲で記録的な大雨となった。

 7月6日17時10分に長崎、福岡、佐賀の3県に大雨特別警報が発表され、続いて19時40分に広島、岡山、鳥取、22時50分に京都、兵庫と、1日で8府県に大雨特別警報が発表された。

 さらに翌7日12時50分には岐阜県、翌8日5時50分には高知、愛媛の2県にも大雨特別警報が発表され、最終的に運用を開始して以来最多となる計11府県で大雨特別警報が発表された。

 この豪雨により、西日本を中心に多くの地域で河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生し、死者数が200人を超える甚大な災害となった。また、全国で上水道や通信といったライフラインに被害が及んだほか、交通障害が広域的に発生している。平成に入ってからの豪雨災害としては初めて死者数が100人を超え、また、昭和に遡っても1982年に300人近い死者・行方不明者を出した長崎大水害(昭和57年7月豪雨)以降、最悪の被害となった。


 梅雨前線・大量の水蒸気・線状降水帯

 それにしても、豪雨はなぜ、これほど広範囲に、しかも長時間にわたって降り続いたのか。分析を進めると、まれに見る気象条件がいくつも重なって起きたことが分かってきた。

 名古屋大学で気象システムを研究している坪木和久さんは、今回、悪条件が2つ重なったと考えている。

 1つ目は、雨を降らせる梅雨前線の位置。梅雨前線は、気圧の配置によって位置を変える。例えば、去年の6月、梅雨前線は1か所に長期間とどまることはなかった。ところが、今月(7月)5日以降、ロックされたように動かなくなった。梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み、雨を降らせる。これが、西日本付近に3日間もとどまり続けた。

 ここに、もう1つの悪条件が重なる。南の海上から雨の元、大量の水蒸気がもたらされたのだ。水蒸気から生まれた雲の発生を捉えた衛星画像を見ると...台風7号が6月29日に発生し北上。しかし、日本の南西の海上を見ると、次々に雲が発生し続けている。

 坪木さんは、この時期に雲の発生源となる水蒸気がどれほどあったのか、シミュレーションした。すると水蒸気は、通常の梅雨の時期をはるかに超える上空5,000メートル以上に達していたことが分かった。水蒸気の量は去年、甚大な被害をもたらした九州北部豪雨のときと比べても、広範囲にわたっていることが分かった。

 梅雨前線が長く停滞したことと、大量の水蒸気の供給。こうして西日本に非常に発達した雨雲・線状降水帯が次々に発生し、赤や黄色で表される大量の雨が各地にもたらされた。


 土砂災害の原因…西日本に広く分布する風化花崗岩

 豪雨によって、西日本では多くの土砂崩れが発生。死者・安否不明者が増え続けている。土砂災害が数多く起きた広島県で、広島大学大学院の海堀正博さんの緊急調査に同行した。山肌の崩れた場所では、地面で蓄えきれない地下水が流れ出していた。

 広島大学大学院 教授 海堀正博さん

 「地下水は相当な量があって、今でもこれだけある。土石流が発生したときは、もっと水の量が多かった。」

 さらに、市街地に押し寄せた土砂崩れの跡を調べると、あることに気がついた。

 「この辺、石が少ない。大きい石がない。」「小さい石しかないってことですか?」

 「そういうことです。普通の土石流だと、1メートルとか50センチの石がごろごろ転がっている。」

 積もっていたのは細かな粒。「花こう岩」という岩石が砕けたものだった...。

 「これが花こう岩?」「そうです。岩の状態で、これがバラバラになって粉になる。」

 火山性の岩石である花こう岩。年月を経て風化すると、ぼろぼろに崩れやすくなる性質がある。この花こう岩は、西日本中心に各地に広く分布するという。赤い所が、地表に花こう岩が出ている部分を見ると、九州・中国・四国の北部近畿地方などに広く分布していた。こうした場所では、特に土砂災害の可能性が高いという。

 「土砂災害の危険箇所、土石流の災害の危険箇所とか、崖崩れの災害の危険箇所というのが多いという状況になってしまった。土石流とか崩壊の起きやすい場所は無数にある」


 地球温暖化で増えている水蒸気の量

 最近、温暖化によって気象現象が極端になっているということがよくいわれますが、今回の豪雨災害もその表れということがいえるのだろうか?

 今回の場合は、広い範囲に梅雨前線が停滞して、水蒸気がやって来たということで、とにかくあちこちで前線、線状降水帯が発生して、土砂災害が起きるということがあった。通常の梅雨だと、九州、広島、山口、あるいは近畿というふうにそれぞれの場所の中であちこち土砂災害が起きるのだが、今回の場合は、その線状降水帯が同時にいろんな所で発生したということで、どこでも今まで起こったことのないような場所でも土砂災害が起きて、1軒や2軒だけでの場所でも大きな被害を受けたというような特徴がある。

 そういった事態というのは、ある程度、温暖化によってもたらされるということは予測されていたのか?

 温暖化によって南から水蒸気がよりたくさん入ってくるということで、各地の線状降水帯、梅雨豪雨が増えるというふうな推測をずっとしてきているし、北海道、東北というような所でも起こるだろうというふうに推測をしている。という意味では、温暖化によってフェーズが少しもう変わってきているだろうという理解をしておく必要があるんだろうというのが、今回の災害だ。


参考 クローズアップ現代+: http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4156/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please