科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をなるべくわかりやすくコメントします。
前回は「髪の毛」について、これまでわかっている事を調べました。化粧品と同様、髪の毛についても、さまざまな研究がなされ、さまざまな観点から、さまざまな商品が出ています。

脱毛の原因には血行不良や皮脂分泌物、栄養不足、睡眠不足など様々な原因による事を学びました。

最先端の科学ではどんなことがわかったのでしょう?今日はニュースで取り上げられた、「LION生科学研究所」の「オキナワモズクによる脱毛物質の抑制効果」について調べます。(参考HP 株式会社ライオン


                 (ライオン�潟zームページより引用)
関連するニュース 
抜け毛:オキナワモズクに抑止効果 ライオン生科研が発見


男性の「抜け毛」を加速させるたんぱく質を、ライオン生物科学研究所(神奈川県小田原市)のチームが見つけ、26日発表した。男性ホルモンの作用でこのたんぱく質が過剰に働き、毛根にある毛母細胞を不必要に「自殺」させるとみられる。28日から富山市で開かれる日本薬学会で紹介される。

同研究所の栗田啓・副主任研究員らは、毛髪が適当な時期に抜けるようコントロールしているとみられるたんぱく質「NT−4」に着目。人の毛母細胞にNT−4を加えると、「アポトーシス」と呼ばれる細胞死が、加えない場合の8倍に上った。

さらに、毛母細胞を作る「毛乳頭」では、男性ホルモンがNT−4遺伝子を作動させ、NT−4が過剰に生産されていることが確かめられた。

これらの結果から、NT−4は男性ホルモンによって働き、毛母細胞を不必要に細胞死させることで脱毛を加速している、と結論付けた。

研究チームは、NT−4の働きを抑える物質を、生薬や植物、海藻など約300種類の候補から探し出し、オキナワモズクの抽出成分が有効であることも見つけた。マウス実験で、この成分を体に塗ることで有効性が確認されたという。ライオンは「人での効果を試し、育毛剤として商品化したい」と話している。(毎日新聞 2007年3月26日) 

LION生科学研究所はどんな研究をしているの?


「LION生科学研究所」では、1980年代、まず、男性ホルモン「発毛促進物質」を阻害していることを発見しました。

男性ホルモンを完全になくすことはできません。そこで「発毛を促進する物質」と「脱毛を促進する物質」の2つに分けて研究をしました。

そして1980年代に「発毛促進物質」として、「ペンタデカン酸グリセド(PDG)」を発見しました。

2003年4月14日ヒトのゲノムの完全解読が宣言されました。30億塩基対の解読に成功したのです。

これに先立ち、人の遺伝子情報の研究に着手していた研究所は、2003年、男性型脱毛症の遺伝子解析に成功して、発毛促進シグナル物質として、「BMP・エフリン」を発見しました。

さらにこの物質を増やすのに6−ベンジルアミノプリンという物質が有効であることを発見しました。

そして2007年3月「脱毛を促進する物質」として知られていた「NT−4」が「男性ホルモン」によって促進されることを遺伝子レベルで発見しました。

さらに、オキナワモズク抽出物NT−4の生成を阻害するはたらきのあることをマウスを使った実験で確認しました。 

BMPとは何か?


Bone Morphogenetic Protein(骨形成促進因子)。一般には骨形成に関与するタンパク質として知られている。

エフリンとは何か?


ephrin。一般には血管形成などの働きを担っているタンパク質として知られている。

NT−4とはなにか?


Neurotrophin-4(神経栄養因子4)。一般には神経成長に関与するタンパク質として知られている。 

毛周期とは?


髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる周期があり、(1)成長期→(2)退行期→(3)休止期を繰り返しながら、新しい髪に生え替わります。
 
(1)成長期
毛母細胞が分裂を繰り返し、髪が太く伸びていく期間です。
男性が3〜6年、女性が4〜8年程続きます。  
(2)退行期
毛根が退化し始め、髪を成長させていた毛母細胞の増殖スピードが急速に落ちてきます。  
(3)休止期
休止期の期間は3〜6ヶ月で、この時期の髪は、完全に成長が止まってしまいます。
 
上記のサイクルは、男女差・個人差、ケアの差によって多少の違いはありますが、健康な髪の場合はざっと3〜8年です。

毛周期と男性型脱毛症の関係 


毛髪は、毛周期(ヘアサイクル;成長期→退行期→休止期)を繰り返しており、毛髪の根元に存在する毛乳頭細胞がこのサイクルを制御すると言われております。

しかし、「男性型脱毛症」においては、男性ホルモンの影響により、この毛周期における成長期が短くなり、充分に成長しないまま退行期・休止期を経て抜け落ちてしまいます。
 


ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックお願いします