科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をなるべくわかりやすくコメントします。
地球温暖化対策のひとつとして、バイオ燃料が注目されている。特にトウモロコシからつくるバイオエタノールの需要が見込まれるため、トウモロコシの値段が高騰している。

先日のニュースで、いよいよガソリンにエタノールを混ぜたバイオガソリンが実用化、販売されることが報じられた。

まず4月末に石油連盟で販売されるのは、ガソリンにETBE(エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル)を7%混ぜたバイオガソリンである。

これに対し政府が販売を目指しているのは、ガソリンにそのままエタノールを混ぜたバイオガソリン。混ぜる量は当面3%(E3)ついで10%(E10)最終的に100%(E100)が目標である。

なぜ石油連盟と政府では方針が違うのだろう?石油連盟では品質を問題にしており、政府はコストと技術革新による経済効果を狙っているようだ。

直接エタノールを混ぜるE3など(環境省御推薦)は品質や酸化窒素の排出量が増えたり、金属が傷みやすいなどの問題点が指摘されている。その点ETBEならばE3などと同等の二酸化炭素削減効果がはかれると共に品質も安定しており、石油連盟側が推奨するのも理解できる。

E3という3%のエタノール混合ガソリンでは、既存のガソリンエンジンで対応できる。アメリカではすでにE10というエタノール10%混合ガソリンが普通のガソリンスタンドで売られており、同時にE10対応の自動車も普及している。トヨタ自動車やホンダでは、すでに北米向けにエタノール混合ガソリン対応車を販売している。

今日はバイオ燃料・バイオガソリンとは何か調べる。(参考HP Wikipedia・バイオエタノール、バイオガソリンとは何?) 

関連するニュース
バイオ燃料荷揚げスタート 石油業界、27日試験販売


植物を原料にした燃料を配合した「バイオガソリン」の導入に向けて、石油元売り10社がフランスから輸入したバイオ燃料の荷揚げ作業が6日、横浜市の製油所で始まった。石油業界は27日から首都圏の給油所50カ所で試験販売を始める

輸入したのは、植物でつくるバイオエタノールから化学的に合成した燃料「ETBE」。これをレギュラーガソリンに7%混ぜて「バイオガソリン」を製造し、販売する。価格はレギュラーと同じ。

元売り10社は1月、ETBEを共同輸入する「バイオマス燃料供給有限責任事業組合」を設立。ETBEを積載した初めてのタンカーが6日、新日本石油グループの根岸製油所(横浜市)に到着した。

石油業界は2008年度に給油所を100カ所に増やし、09年度には全国1000カ所に拡大する計画で、10年度の本格導入に備える。(2007年4月6日 共同通信)

バイオ燃料とは何か?


バイオ燃料(ばいおねんりょう)とは生物体(バイオマス)のもつエネルギーを利用したアルコール燃料、その他合成ガスのことで、おもに自動車を動かす石油燃料の代替物として注目されている。

材料は、トウモロコシ、サトウキビ、食用油、木材、糞尿、おがくずやトウモロコシの茎といった有機廃棄物、など多岐にわたり、それらからアルコール燃料を作るのが主である。

2006年10月現在、日本では、ほとんど使われていないが、ガソリン価格の高騰を受け注目され始めている。ブラジルではエタノール自動車が普及しており、日本の自動車メーカー各社も、バイオ燃料を利用できるエンジンの開発を行いつつある。アメリカでも今後、エネルギー転換が進むと予想される。
 
バイオガソリンとは何か?
バイオガソリンには石油連盟で販売される、ガソリンにETBE(エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル)を7%混ぜたものと、ガソリンに直接エタノールを混ぜたE3・E10などがある。

ETBEとはエタノールとイソブチレンの反応(下式)により生成される含酸素燃料である。特徴は、高オクタン価であり、水分との相分離がなく、供沸現象がないため蒸気圧が増加しない。

C2H5OH  +  CH2=C(CH3)2 → (CH3)3COC2H5

(エタノール) (イソブチレン)   (ETBE)

式 ETBE生成反応

E3という3%のエタノール混合ガソリンでは、既存のガソリンエンジンで対応しています。実は以前にもガイアックスという名称でE3ガソリンを販売したことがありましたが、その時も通常の自動車にそのエタノール混合ガソリンを利用しました。

またトヨタ自動車やホンダでは、すでに北米向けにエタノール混合ガソリン対応車を販売しています。アメリカでもすでにE10というエタノール10%混合ガソリンが普通のガソリンスタンドで売られており、同時にE10対応の自動車も普及しています。

バイオエタノール先進国のブラジルでは、トヨタ自動車がバイオエタノール100%燃料対応の車種を2007年春をめどに発売すると先日発表しています。(バイオエタノール、バイオガソリンって何? より記事引用) 

図解 バイオエタノール最前線

工業調査会

このアイテムの詳細を見る
バイオディーゼル・ハンドブック

日報出版

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックお願いします