科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をなるべくわかりやすくコメントします。
電圧とは何か?

電圧(でんあつ)とは,電位と同義語だが主に電位差の意。基準点からの電位(電気的なポテンシャル)の差のことである。単位としてはMKSA単位系でボルト(V)が使用される。

電位(でんい)とは、静電場の中にある単位電荷が、その点において持つ電気的な位置エネルギーのこと。

 ボルタ 電池の発明者。
電圧の単位V(ボルト)は、この人の名前からつけられた。 

いろいろな電圧の比較 

70〜87 mV ヒトの筋肉の静止電位
1.5 V  乾電池の電圧
100 V 一般家庭に配電される電源の電圧(日本)
120 V 一般家庭に配電される電源の電圧(アメリカ)
220 V 一般家庭に配電される電源の電圧(中国)
300〜400 V デンキナマズ
650〜850 V デンキウナギ
1000〜10000 V 静電気
1,500 V 鉄道の直流電化の電圧(600 V, 750 Vもある)
20,000 V 鉄道の交流電化の電圧(他に15,000 V, 25,000 Vなどもある)
660,000 V 原子力発電所周辺などの高圧線の電圧
1億〜10億 V 
 

電圧の単位V(ボルト)の由来

電圧の単位V(ボルト)であるが、これは人の名前からつけられた。

アレッサンドロ・ボルタ(Alessandro Volta, 1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリア出身の物理学者ルイージ・ガルバーニの生物電気の正体を解明し、電池(ボルタ電池)を発明した。

電池の発明

ガルバーニが、カエルの筋肉に2種類の金属を刺すと電流が発生することを発見した。ガルバーニは、動物の筋肉には電気が蓄えられていると考えたが、ヴォルタは、電気は筋肉に由来するものではなく、金属に由来するものと考えた。

1801年ごろ、ボルタは、スズの板を互い違いに何層にも重ね、そこに食塩水をかけると電流が発生することを発見した。この種の、2枚の金属板と電解質の水溶液から成る1次電池のことは、現在、ボルタ電池と呼ばれる。

1881年、ヴォルタを記念し、電圧の基本単位の名はボルトとすることが決まった。(参考HP Wikipedia) 

SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 4本パック HR-3UTG-4BP

三洋電機

このアイテムの詳細を見る
オキシライド乾電池 単四 12P ZR03XJ/12SW

松下電器産業

このアイテムの詳細を見る
Maxell ニッケル水素充電池 急速充電器+単三形(1700)2本セット ECHR-3LS.2P

日立マクセル

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please