科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をなるべくわかりやすくコメントします。
アメリカで購入したペットフードに毒物が混入、米国の犬と猫16匹が腎不全にかかって死亡したほか、約1万匹のペットが嘔吐(おうと)や食欲不振などの異常を訴えた事件が起こった。

調べてみると原料に中国産小麦を使用しており、その中に「アミノブリテン」や「メラミン」などの物質が検出されそれが問題だとされている。

中国では食品に関する安全基準が甘く、法律で禁止されている化学物質を食品に添加することがたびたび行われている。このため国民の4分の1にあたる3億人が食品が原因の病気にかかっているという。

利益優先で人やペットの影響を考えない企業の怖い話だ。「アミノブリテン」や「メラミン」とは何だろうか?今日はこの問題を調べる。

高まる 安全基準強化の声


毒物が混入したとみられる中国産小麦を原料に使ったペットフードを食べて、米国の犬と猫16匹が腎不全にかかって死亡したほか、約1万匹のペットが嘔吐(おうと)や食欲不振などの異常を訴えた事件が起こり、中国製の食品への不安が広がっている。

中国では農薬使用の規制が少ないのに加えて、中国産の果物や野菜の輸出量が世界全体の12%を占めているためだ。米国などから今後、中国に対し、食品の安全基準見直しを求める声が強まることは必至だ。

これに対して、中国の食物の品質検査を統括する中国国家質量監督検査検疫総局(質検総局)は中国から米国やカナダに、ペットフード原料として小麦を輸出したことがないとして、ペットフードの毒物の原因が中国産小麦であるとの指摘を否定している。

しかし、同社に小麦を卸しているチェムニュートラ社は同紙に対して、メニュー・フーズ社への小麦は中国江蘇省の徐州安営生物技術開発有限公司から購入したと言明。同公司の責任者は「小麦は他の国を経由して米国に運び込まれた」と同紙に語ったという。

米農務省によると、米国向けの中国産食品の輸入額は1980年の1億3300万ドルから、昨年には22億6000万ドルと26年間で17倍にも増えている。しかし、FDAによると、先月1カ月だけでも、中国から米国向けの食品を積んだ船舶215隻が食品の安全性に危険性があるとの理由で陸揚げを拒否されている。

とはいえ、すべての中国の船舶を検査することは物理的に不可能で、ほとんどが簡単な検査だけで陸揚げされているという。

日本では2002年に、中国産ほうれん草から基準量以上の農薬が検出されたことから、輸入停止措置がとられたことがある。また、中国保健省によると中国で05年、毒物が混入された食品が原因で9021人が食中毒にかかり、235人が死亡。また、人口の4分の1に当たる3億人が、食品が原因による病気にかかっているという。

このため、米国などで今回のペットフード禍を契機に、「米国で中国産の食品に対して警戒が強まりそうだ」と同紙は指摘している。 (FujiSankei Business i. 2007/4/13

米ペットフード事件 中国当局、メラミン輸出一転認める


中国の国家質量(品質)監督検査検疫総局は8日、米国で中国産小麦を使ったペットフードで犬やネコが中毒死した事件で、中国の2企業が有機化合物メラミンを添加した小麦グルテン粉などを米国に輸出していたことを認め、今後調査に協力する方針を表明した。同総局はこれまで、これら企業が米国向けに飼料用小麦グルテンなどを輸出したことはないとしていたが、一転関与を認めた。

問題の企業は、江蘇省の徐州安営生物技術開発公司と山東省の濱州富田生物科学技術有限公司。2社が輸出していた小麦グルテンには、食品への使用が禁止されているメラミンが添加されていたうえ、検査義務のない品名で税関に報告され、検査検疫機関の監視をくぐって輸出されていた。

企業責任者は法に従い厳重に処罰されるという。同総局は検査結果を米食品医薬品局(FDA)に報告し、米国側に飼料安全協力メカニズムの創設を提案した。

中国では、鴨卵の黄身を赤くするために発がん性が指摘される着色料スダンレッドを飼料に加えたり、豚肉の色を美しくするため、気管支ぜんそくの治療薬に使われる塩酸クレンブテロールを飼料に加えるなど、飼料、食品への化学物質の添加が、法で禁止されているにもかかわらず、日常茶飯事となっている。

厚生労働省は日本の輸入業者に対し、中国の2企業のグルテンを輸入した場合は返品または廃棄し、関係機関へ知らせるよう呼びかけている。(産経新聞 2007/05/10 00:57)

アミノプテリンとは?


アミノプテリン(Aminopterin)とはネズミの駆除剤に使用される殺鼠成分

アミノプテリンは、人間において発ガン性や奇形を起こすことが知られており、犬や猫では腎臓に大きな障害をもたらします。酵素阻害剤の一種でもあり、アメリカでは使用を禁止されています。

メラミンとは?


メラミン (melamine) とは、有機化合物で、構造の中心にトリアジン環を持つ有機窒素化合物の一種。ホルムアルデヒドとともに、メラミン樹脂の主原料とされる。

工業的には尿素とアンモニアを反応させて製造する。

メラミンはホルムアルデヒドと反応し、メチローラミンを生成する。メチローラミンは熱硬化樹脂(メラミン樹脂)の原料となり、生産されるメラミンのほとんどが合成樹脂用に利用される。 メラミン樹脂は耐熱、耐水、機械強度などの点で優れ、工業的に大量に製造されている。

なお2007年に、メラミンが混入された中国企業産ペットフードがアメリカ等に輸出されて犬や猫が病死する事件があった。メラミンはペットフード中のタンパク含有量(窒素含有量)を多く見せかけるために混入されたものとみられる。
 

コールマン アースデイ コラボ マイディッシュウェアセット 170-9247

コールマン

このメラミン樹脂は安全
ロゴス(LOGOS) ディナウエア17点セット 81285001

ロゴス(LOGOS)

このメラミン樹脂は丈夫で安心

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please