科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をなるべくわかりやすくコメントします。
カテキン (catechin) は、狭義には化学式C15H14O6で表されるフラボノイドの一種をさす。分子量は 290.27。広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。

カテキンの語源は、1821年にルンゲがインド産のマメ科アカシア属の低木であるカテキュー(ガンビールとも呼ばれる)から分離した結晶状の物質に由来する。この物質はその後、エーゼルベックによって「カテキュー」から供出したものということで「カテキン」と名づけられた。

一方、日本人になじみの深い茶のカテキンは、1929年から辻村みちよらによって結晶状に単離されていった。茶カテキンの主要成分は、エピカテキン(epicatechin、EC)とそのヒドロキシ体のエピガロカテキン (epigallocatechin、EGC)、およびそれらの没食子酸エステルであるエピカテキンガレート(epicatechin gallate、没食子酸エピカテキン、ECg)とエピガロカテキンガレート(epigallocatechin gallate、没食子酸エピガロカテキン、EGCg)の4つである。

これらの化合物は緑茶の渋み成分として含有量はEGCg>EGC>ECg>ECの順であり、合計すると茶葉中の水分を除いた総重量中の13〜30%程度を占める。紅茶を作る際の発酵の工程では、カテキンはポリフェノールオキシダーゼによって酸化重合し、テアフラビンやテアルビジンへと変化する。

カテキンには実に多様な生理活性があることが報告されており、それらを列挙すると、血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、抗酸化作用、老化抑制作用、抗突然変異、抗癌、抗菌、抗う蝕、抗アレルギー作用などとなる。

茶抽出物は1988年ごろより虫歯予防の食品コンセプトで産業的に使われるようになり、特に子供向けの菓子に利用されている。また茶カテキンの各種生理効果を特徴とした特定保健用食品が数点認可・販売されている。

カテキンの効果をわかりやすく説明するために、「菌に勝つ」→「勝て菌」という説明をしたことから、「カテキンは勝て菌から名付けられた」という誤解があるが、わかりやすい。

厚生労働省の研究班の調査で緑茶を1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて進行性の前立腺がんになる危険性が約半分になることがわかった。これもカテキンのはたらきによるものらしい。(参考HP Wikipedia)


関連するニュース
緑茶:進行性前立腺がんの危険、1日5杯で半減 厚労省


緑茶を1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて進行性の前立腺がんになる危険性が約半分になることが厚生労働省の研究班(班長・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった。緑茶に多く含まれる渋み成分カテキンが、がん細胞が転移する際に多く出る酵素を抑制する可能性があるという。

調査は、90年と93年に9府県10地域で、40〜69歳の男性約5万人の食習慣などを調べた後、04年まで追跡調査し、期間中、404人が前立腺がんと診断された。がん細胞が前立腺から他の器官に広がる進行がん(114人)と、がん細胞が前立腺だけにとどまる「限局がん」(271人)に分けると、進行がんでは緑茶を多く飲む人ほど危険性が低く、緑茶を5杯以上飲むグループは1杯未満のグループと比べて危険性が約48%低かった。一方、限局がんでは明確な違いがなかった。

緑茶に含まれるカテキンは細胞の自然死を誘うことでがん細胞の発生を抑制することが知られている。進行がんで危険性の低下がみられたのは、カテキンに前立腺がんの進行に固有の危険因子を抑制する効果があることが考えられるという。

調査を担当した倉橋典絵・同センター研究員は「今回の調査は症例数が少なく、偶然の可能性も否定できない。今後も研究が必要だ」と話している。(毎日新聞 2007年12月19日)
 

(お徳用ボックス) ヘルシアウォーター グレープフルーツ味 500ml×24本

ヘルシア

このアイテムの詳細を見る
(お徳用ボックス) ヘルシア緑茶 1L×12本

ヘルシア

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please