科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?をなるべくわかりやすくコメントします。
アル・ゴア氏の活動をテーマにした「不都合な真実」の映画。私はまだ、見ていない。もうDVD化されているそうだから、レンタルできると思うのだが、数が少ないのか容易に見つけられない。 温暖化は日々進んでいる。先日、佐渡産みかんが初出荷された。

22日からの3連休は、突然39℃まで発熱した。インフルエンザのようだったが、ほとんど咳も出ず鼻水も出ず、わずかに喉がはれただけなので本当にインフルエンザだったのかどうかもわからない。

ただ、体がものすごく重く、体温が下がったと思ったら再び上昇することを何回か繰り返した。食欲全くなし。今回は家内がフルーツなど水分のある食べやすいものを用意してくれたり、着がえを何度も運んでくれ洗濯もしてくれたので助けられた。独身ではこうはいかない。感謝している。



アル・ゴア氏が会長を務める非営利団体(NPO)「気候保護同盟」の事務所でノーベル賞受賞後に行われたインタービューによると「すぐに仕事に戻りたい。これはただの出発点に過ぎないのだ」と述べ、温暖化対策の緊急性を強調した。

1970年代からずっと取り組んでいるアル・ゴア氏の熱意は素晴らしいと思う。ただ同じノーベル平和賞を受賞しているジミー・カーター氏も言っているように次期大統領にもう一回挑戦してみると面白いと思う。もちろん応援したい。

映画「不都合な真実」は、見た人の評価では「アル・ゴア氏や映像がすばらしい、すごい」「地球が危ない何とかしなくちゃ」という人もいるが、「日本人であればもうすでに知っていること」、「日本の地球温暖化の特集番組の方が面白い」と言う人もいるようだ。

私は、アル・ゴア氏の情熱とプレゼンのしかたを楽しみたいと思う。映画の最後には温暖化に対する10の提言があるので、自分のできることはないか考えながら見てみたいと思う。

明日は仕事が終われば、ようやく休める。そしたらゆっくりと鑑賞しよう。

温暖化関連のニュース
ミカン産地北上 佐渡で初出荷、温暖化影響


地球温暖化の影響で農作物の栽培地の“北限”が北上するとされているが、今年初めて新潟県佐渡市でミカンが出荷され、話題となっている。ミカンは和歌山県や愛媛県など関東以西の温暖な沿岸地域が主な産地で、これまでの北限は埼玉県、茨城県辺りとされていた。

島内では、自家用にミカンの木を植えていた例はあったが、青果市場への大量出荷は初めて。佐渡産ミカンは酸味と甘みの絶妙なバランスが特徴で、地元は「北限のミカン」として売り出したいという。(田中幸美)

ミカンを初出荷したのは、佐渡市大杉の農業、金子博さん(60)。温州(うんしゆう)ミカンの早生(わせ)種の「興津(おきつ)早生」など約1トンを12月中旬までに収穫した。今月18日を皮切りに島内の青果市場に出荷したところ、珍しさも手伝って10キロ3500円の高値で取引された。

島内ではミカンを2、3本植えて自家用にしている農家も多い。インターネットで、消費者が甘みと同じくらい酸味を求めていることを知り、「冒険のつもりで始めた」(金子さん)。平成13年、日本海が見渡せる南側の斜面40アールに約500本の苗木を植えた。日本海側での栽培は例がないという。

これまで、北西の強い風や冬の寒さのため、葉が落ちたり枝が枯れたりして実がつかなかったが、昨年の暖冬で今季は作柄が良好となり、出荷を見込めるほどに。収穫したミカンは酸味が強すぎるため、約1カ月貯蔵庫に寝かせてから出荷する。金子さんは「今季も暖かいといいのだが」と温暖化を期待する。

新潟県佐渡農業普及指導センターによると、島内では小木など南部沿岸地域で、金子さんのほか3軒が昨年までに苗木を植えてミカン栽培に挑戦。「島ミカン研究会」を立ち上げ、協力して産地化を目指している。( 2007.12.27 毎日新聞 )
 

今年はどうする?インフルエンザ―疑問だらけの予防接種と特効薬
母里 啓子
ジャパンマシニスト社

このアイテムの詳細を見る
地球の掟[新装版]―文明と環境のバランスを求めて
アル・ゴア,小杉 隆
ダイヤモンド社

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please