科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
昨年、ヒトゲノム解読の先駆者であるクレイグ・ベンター博士が代表を務める研究所のチームが細菌の全遺伝情報(ゲノム)を別の種類の細菌のゲノムとそっくり入れ替える「ゲノム移植」に成功した。

ゲノムの入れ替えの方法は、細菌の一種のゲノムに、細胞を青色に変える遺伝子などを「目印」として組み込んだ上で取り出し、近縁種の培養容器に入れた。

すると、数日後に青色を示す細菌が増殖。調べたところ、近縁種のゲノムが、細胞を青色に変える遺伝子などを入れた細菌のゲノムと、そっくり入れ替わったものが生まれていた。まず両方のゲノムを持つ細菌ができ、これが分裂した際、ゲノムを1組ずつ持ち運んだらしい。



今回、 同研究所でマイコプラズマ・ゲニタリウムという細菌のゲノムを人工的につくり出すことに成功した。人の手で生物のDNAをつくり出したのは世界で始めてのことである。

その方法はゲノム全体の8分の1〜4分の1になる小さい部品を試験管内で化学合成し、これらの「部品」を大腸菌に取り込ませ、遺伝子組換えでくっつけ、大きな部品をつくる。さらにこの大きな部品を酵母の中で同様にくっつけ、完全なゲノムを合成した。

生物の設計図であるゲノムの人工合成は、特定の能力を備えた「人工生命」づくりの前提となる技術。バイオ燃料を製造したり、有害廃棄物を分解したりするのに必要な人工微生物づくりなどへの応用が期待されている。

生命のデザインを可能にするすばらしい成果である。遺伝子の一部を組み換える、これまでの遺伝子組換えと違って、人工微生物はDNAを一からつくるので、人間が制御できなくなったときにどう対応するのかなど、十分に安全対策を考えていく必要がある。 (参考HP:asahi.com)

関連するニュース
細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進


細菌のゲノム(全遺伝情報)人工的に合成することに、米クレイグ・ベンター研究所のチームが成功した。これまで、より原始的なウイルスでの成功例はあったが、自己増殖能力を備えた生物である細菌のゲノムを人工合成したのは初めて。

人工合成ゲノムを実際に働かせることができれば、細菌の人工合成につながるだけに、「人工生命」づくりに向けた大きな前進だ。米科学誌サイエンス(電子版)に25日、発表する。

人工合成したのは「マイコプラズマ・ゲニタリウム」という細菌のゲノム。

チームはまずゲノム全体の8分の1〜4分の1の大きさの分子を試験管内で化学合成。これらの「部品」を大腸菌に入れ、遺伝子組換えでくっつけ、大きな部品をつくった。さらに大きな部品を酵母の中で同様にくっつけ、完全なゲノムを合成した。

生物の設計図であるゲノムの人工合成は、特定の能力を備えた「人工生命」づくりの前提となる技術。バイオ燃料を製造したり、有害廃棄物を分解したりするのに必要な人工微生物づくりなどへの応用が期待されている。

人工生命づくりには、合成したゲノムをどうやって働かせるかなどの課題はあるが、チームは昨年、ある細菌のゲノムと別の細菌のゲノムを入れ替えることにも成功しており、こうした技術との組み合わせで「人工生命」が誕生するのも時間の問題、という見方も広まってきている。

しかし、人工生命はテロへの悪用自然界への悪影響などの懸念がつきまとう。

国立遺伝学研究所の小原雄治所長は「生命のデザインを可能にする大きな一歩だ。ただ、人工微生物を人間が制御できなくなったときにどう対応するのかなど、二重、三重の安全対策を考えていく必要がある」と話す。 ( asahi.com 2008年01月25日)
 

崩れるゲノムの常識 別冊日経サイエンス146
日経サイエンス編集部
日経サイエンス

このアイテムの詳細を見る
アダムの呪い (ヴィレッジブックス)
ブライアン サイクス,Bryan Sykes,大野 晶子
ヴィレッジブックス

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please