「黒」とは何か?「黒」の定義
 色を光として見るとき、黒は、光がまったく無い状態を意味する。パソコン画面での黒は、黒として発色することは出来ないため、他の色とのコントラストの調整によって人の目に強い黒として錯覚させている。

 物体の黒は、すべての波長の光を吸収する色である。絵具の三原色の3色を混ぜると黒になる。ただし、全ての波長を完全吸収する物質(黒体と呼ばれる)は存在しない。

 天体のブラックホールの周囲には非常に強い重力場が作られるため、ある半径より内側では脱出速度が光速を超え、光ですら外に出てくることが出来ない。つまり光の全くない状態になる。



 光がない色を黒と言うならば、ブラックホールが一番黒い。ブラックホールそれ自体は不可視だが、ブラックホールは物質を吸い込む際にX線やガンマ線を放出するので観測が可能である。

 今回、米レンセラー工科大とライス大の研究チームが「世の中で最も暗い物質」をつくった。当たった光の99.955%を吸収する。ミニブラックホールといった感じの真っ黒であるが、しくみはまったく違う。

 この黒い物質は、基板の上に微細な炭素の筒(カーボンナノチューブ)を成長させたもの。光を0.045%しか反射せず、従来の記録より約3倍も暗くなった。ブラックホールが光を強い重力で吸収するのに対し、カーボンナノ  
チューブは光を吸収し、効率よく電気エネルギーや熱エネルギーに変換している。

 カーボンナノチューブの有効利用法がまた一つ発見された。さまざまな応用が考えられそうな研究成果である。


 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

 米レンセラー工科大とライス大の研究チームが「世の中で最も暗い物質」をつくった。当たった光の99.955%を吸収するという。ギネスブックに世界記録として申請している。

 中央が世の中で最も「暗い」物質。左は米国立標準技術研究所が作製した光を1.4%反射する標準材料で、右はガラス状の炭素=レンセラー工科大提供

 この物質は、基板の上に微細な炭素の筒(カーボンナノチューブ)を成長させたもの。光を0.045%しか反射せず、従来の記録より約3倍も「暗い」という。穴がたくさん開いた長いカーボンナノチューブと、やや粗い表面の基板を使うのがコツという。

 どんな物質でも、当たった光を多かれ少なかれ反射しており、光を完全に吸収することはない。一般的な黒い塗料では5〜10%の光を反射する。「暗い物質」は、太陽光を電気や熱などに変換する装置や赤外線センサーの性能を上げるのに役立つと期待される。 (asahi.com 2008年01月28日)


 いろいろな黒(ブラック)

 カーボンナノチューブ: カーボンナノチューブ(Carbon nanotube、略称CNT)は、炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質。炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。

 最近になって単層カーボンナノチューブ内部では水の融点が高くなり、常温常圧下でも氷を作ることが発見された。

 アルミニウムの半分という軽さ、鋼鉄の20倍の強度(特に繊維方向の引っ張り強度ではダイヤモンドすら凌駕する)と非常にしなやかな弾性力を持つため、将来軌道エレベータ(宇宙エレベータ)を建造するときにロープの素材に使うことができるのではないかと期待されている。

 この他にも色々な性質を秘めているのではないかと期待され、さらなる利用価値を探して世界中で研究が進められている。

 カーボンブラック Carbon Black: カーボンブラックは、広義には炭素からなる黒色顔料の総称として使われ、後述のランプブラックやボーンブラックを含む。黒色顔料の名称としてカーボンブラックと呼ぶ場合、チャンネルブラックやファーネスブラックなどの極微細カーボンブラックを指す。
 チャンネルブラックは著しい漆黒度と着色力を持ち、粒子の直径は僅か10nmである。ファーネスブラックは、表面が不活性で、通常カーボンブラックとして取引されているものの殆どはファーネスブラックである。

 黒鉛 Graphite: 黒鉛は平面状の分子がきちんと層状に積み重なったもので、炭素の原子が蜂の巣状(六角形が二次元的に繰り返された)に共役結合した平面分子である。現在グラファイトは顔料の形で購入可能であり、鉛筆から手作りした鉛筆の粉とは性質が異なる。(出典:Wikipedia) 


紀州備長炭 飲料水用 炭10本(細め)
クリエーター情報なし
アイ・スペシャル
炭焼き勘太郎 国産 紀州和歌山 竹炭 (バラ)たっぷり 3kg 消臭・調湿に最適
クリエーター情報なし
竹炭・竹酢液の専門店 山東農菜

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please