科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学の?に挑戦。誰にでもわかりやすい情報提供に努めます。
「環境保護団体ではない。エコテロリストだ。」日本鯨類研究所側がグリーンピースシーシェパードを非難する。その行為を見ると確かにテロだ。異臭を放つ酪酸の入った瓶を投げつける。体当たりで調査船に当たってくる。スクリューにロープや網を絡ませようと近づいてくる。

エコテロリストとは環境問題や動物の権利擁護を口実に非合法の破壊、脅迫、暴行などのテロ活動を行う者。環境テロリストともいう。この言葉の定義については論争の的となっており、しばしば暴力的な行為を行う環境保護団体に対する蔑称として用いられる。

2006年1月8日、南極海において捕鯨問題をめぐって対立している日本鯨類研究所とグリーンピースとの間で問題が起こった。鯨類研究所の調査捕鯨の実施と、それに対するグリーンピースの抗議行動である。調査捕鯨母船「日新丸」とグリーンピースのキャンペーン船「アークティック・サンライズ」の接触事故?があった。

この接触事故に関しては、双方共にビデオ・写真を公開して事件の説明をしているが、双方が「相手にぶつけられた」と主張しており、見解は対立している(日本鯨類研究所は、日新丸は他船に貨物を移し替える為停船していたと主張している)。

グリーンピースについては米国の連邦捜査局(FBI)からは国内テロリズムの団体として監視されている団体であるという。グリーンピースは、本来は国際的な環境保護団体。オランダのアムステルダムに本部を置く。

シーシェパードは反捕鯨を掲げるアメリカの環境保護団体。今月15日、「第2勇新丸」にワイヤをからませ、不法に乗船してきたメンバー2人を、日本側が一時拘束。18日には「第3勇新丸」に対し、酪酸の入ったビンを投げつける妨害行為を行った。

双方の主張を見てみるとわけがわからなくなる。日本はクジラを食する分化を持ち、調査捕鯨においても致死的調査によって、鯨肉を持ち帰ることが、国際法で保証されていると主張。

ところが、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの環境保護団体は、南極海サンクチュアリやオ−ストラリアが領海権のある海域で、その国内法に基づき日本鯨類研究所が鯨肉を持ち帰る以上、商業捕鯨であると主張、致死的調査を認めようとしない。

日本鯨類研究所の主張する国際法の方が、おそらく優先するに違いない。米英豪の環境保護団体が国内法でのみ対抗するのは、その主張に多分に感情が含まれている。とにかく双方は歩み寄る気配がない。難しい国際問題である。

日本鯨類研究所の主張
  →   http://www.icrwhale.org/05-A-d.htm 
グリーンピースの主張
  →   http://www.whalelove.org/raw/content/fun/1653364.pdf

関連するニュース
また日本捕鯨船に妨害行為 今度はグリーンピース


グリーンピースのゴムボートが補給船「オリエンタル・ブルーバード」側のフェンダーのワイヤーに絡まり、非常に危険な状態を発生させた=(財)日本鯨類研究所 提供 水産庁に入った連絡によると、22日午前9時半ごろ、南極海で日本の調査捕鯨母船「日新丸」が補給船から給油を受けようとしたところ、環境保護団体「グリーンピース」が両船の間に大型ゴムボートを割り込ませる妨害行為を行った。

日新丸はグリーンピースに対し、警告を行ったが、妨害を強行。ゴムボートが一時、補給船の緩衝用ブイのワイヤに絡まる危険な状態になった。ワイヤはまもなく補給船側の乗組員らがゴムボートから取り外し、両船ともけが人はなかった。この後、給油は継続された。

グリーンピースは大型ゴムボートのほかに、妨害行為を撮影するため、メンバーが乗り込んだ別のボートの計2隻約8人で、日新丸と補給船に近づいてきたという。

日本の調査捕鯨をめぐっては、反捕鯨を掲げるアメリカの環境保護団体「シーシェパード」が今月15日、「第2勇新丸」にワイヤをからませ、不法に乗船してきたメンバー2人を、日本側が一時拘束。18日には「第3勇新丸」に対し、酪酸の入ったビンを投げつける妨害行為を行った。

日本の調査捕鯨に対する一連の妨害行為の様子は、日本鯨類研究所のホームページで動画で公開されている。( 2008.1.22 産経新聞 )

ラッド豪首相:日本の「調査捕鯨」認めず 監視継続を強調


オーストラリアのラッド首相は10日、同国テレビのインタビューで「日本が商業捕鯨を『調査捕鯨』と称しているのは正しいことではない」と語り、国際法廷への提訴など法的手段を視野に、オーストラリア政府が南極海で日本の捕鯨活動の監視や撮影を続けるとの姿勢をあらためて強調した。

「証拠を集めた上で勝訴できるかどうか見極める」として提訴については検討中とした。首相は捕鯨問題で意見の相違があっても、両国がこれまで築いた「第一級の外交関係」は維持できると述べた。

オーストラリア政府は7日、同国の巡視船が南極海で撮影した日本のクジラ捕獲現場の写真やビデオを公開した。( 2008.2.8 毎日新聞 )


捕鯨問題の歴史社会学―近現代日本におけるクジラと人間
渡邊 洋之
東信堂

このアイテムの詳細を見る
人間と環境と文化―クジラを軸にした一考察
岩崎・グッドマン まさみ
清水弘文堂書房

このアイテムの詳細を見る

ランキング ブログ検索 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ←One Click please