琥珀の中の化石

 琥珀は、映画「ジュラシック・パーク」の中で重大な役割を担っていました。琥珀の中に閉じ込められた恐竜の血液を吸った蚊の化石から、恐竜のDNAを抽出し絶滅した恐竜を現代に蘇らせるという夢のようなストーリーでした。

果たして現実にそんなことが可能なのでしょうか?最新のニュースによるとアメリカの研究者が琥珀中の昆虫化石の体内に胞子状態で眠っていたバクテリア生物を蘇らせることに成功したことが報じられています。

実際に、琥珀の中の昆虫化石からもDNAが検出され、約1億2千万年前で現在最古のDNAも検出されています。 

 今後、虫入り琥珀の研究が進展すれば、生物の進化をDNAレベルで解明し得る可能性があり、将来は絶滅した生物の復活でさえ可能にするかもしれません。

 このようなことから、虫入り琥珀は、現代そして未来に及ぶ、実に多くの可能性を秘めた“神秘のタイムカプセル”ともいえます。

 日本の岩手県、久慈地方は世界有数の琥珀の産地です。産出する琥珀は、中生代白亜紀後期(約8,500万年〜約9,000万年前)に属するもので、世界的にも古い時代の琥珀と言えます。

 現在、久慈地方産の虫入り琥珀は約、1,000点余り発見されています。この中には絶減種や新種も多く含まれています。1997年には、世界初の「鳥類の後羽(こうう/羽毛の一種)」化石の発見が全国に報じられて話題になりました。

 また、この時代の昆虫化石は世界的に少ないことから研究がほとんど進んでいません。従って、久慈地方産の虫入り琥珀はそれぞれの化石また、1産地の一括資料としても大変貴重な化石であり、今後の研究が待たれています。

 世界最古の琥珀は、約3億年前のもので、イギリスのノーサンバーランドや、シベリアで発見されています。

 琥珀とは、何でしょう?

 琥珀とは数千万年〜数億年前、地上に繁茂していた樹木の樹脂が土砂などに埋もれ化石化したもので、いわば「樹脂の化石」です。“樹脂”というと、“松ヤニ”を連想しますが、実際に琥珀のもとになった樹木は広葉樹から針葉樹までさまざまです。
時代によっても、もとになった樹木の種類は異なり、現生の樹種もあれば、絶滅した樹種もあります。また、産地によって琥珀の色には多少の特徴が見られます。

 久慈の琥珀は、約8,500万年前のもので、南洋スギ(学名アラウカリア)が起源樹種と考えられており、商業価値として用いられている最も古いものです。

 今回、久慈で取れた琥珀から日本最古のカマキリの化石が発見されました。久慈琥珀博物館では、4月18日(金)から一般公開スタート、さらに4月26日からは企画展で公開する虫入り琥珀と併せて見学できます。期間は6月末までです。この機会にぜひ、日本最古のカマキリ化石を見よう!(参考HP 久慈琥珀博物館) → http://www.kuji.co.jp/


関連するニュース
琥珀の中に8700万年前のカマキリ化石、体長14ミリ


 岩手県久慈市の久慈琥珀(こはく)博物館は17日、同館近くの採掘場から、琥珀に閉じ込められた白亜紀後期(約8700万年前)のカマキリの化石を発見したと発表した。カマキリの化石としては日本最古という。

 佐々木和久館長(48)が見つけた。頭から押しつぶされた後部までの長さは約14ミリ。北九州市立自然史・歴史博物館の上田恭一郎・学芸担当部長(57)が鑑定したところ、獲物を捕らえる「斧(おの)」のつけ根に、現在のカマキリと共通するトゲがあった。これまで見つかった白亜紀のカマキリにはこのトゲがないといい、上田部長は「新種の可能性が高い。現在のカマキリと白亜紀のカマキリを結ぶ、大きな発見だ」と話している。

 琥珀は、樹液が250万年以上をかけて固まった宝石で、久慈市は世界有数の産地となっている。(2008年4月18日00時02分  読売新聞)

琥珀の主な産地


久慈地方産の琥珀
樹種:アラウカリア(南洋杉)の仲間
スギ科針葉樹・現生種あり
白亜紀後期 約8,500〜9,000万年前
南米熱帯地方に現生種あり。色彩は、赤みを帯びた茶褐色、縞目模様、黒色などが多い。

バルト海沿岸地方産の琥珀
樹種:パイナス・スッシニフェラの仲間?
マツ科針葉樹・絶滅種
古第三紀新世後期 約4,000万年前
近年アラウカリア起源説が有力視されている。
色の特徴は、ビール色、乳黄色、白色などが多い。

撫順(中国)地方産の琥珀
樹種:メタセコイアの仲間
スギ科針葉樹・現生種あり
古第三紀始新世後期 約4,000万年前
生きた化石と呼ばれ、現生種が中国にある。
色彩は、赤味を帯び濃褐色などが多い。

ドミニカ共和国産の琥珀
樹種:ヒメナエアの仲間
マメ科広葉樹・現生種あり。
古第三紀斬新世 約2,400〜3,800万年前
中米熱帯地方などに現生種がある。色彩は、淡いアメ色などが多い。 年代が若く熱帯林に起源することから、虫入り琥珀が多い。※最近主体ではないものの、この他にも琥珀の様々な起源樹種が報告されています。
 

ジュラシック・パーク (映画で覚える英会話―アルク・シネマ・シナリオシリーズ)

アルク

このアイテムの詳細を見る
琥珀―永遠のタイムカプセル
アンドリュー ロス
文一総合出版

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please