ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
「丹波竜」で有名な、兵庫県丹波で国内最古の哺乳類化石が見つかった。哺乳類の化石とは珍しいが、いったいいつごろ哺乳類は地上に出現したのだろう?

古生代デヴォン紀(約4億1000万〜約3億6000万年前)に地上に上がった両生類(四肢動物・有羊膜類)は、爬虫類と鳥類の先祖になるグループ(双弓類)と哺乳類の先祖になるグループ(単弓類)に分かれる。その時期は古生代石炭紀(約3億6000万〜2億8000万年前)の中ごろである。

単弓類の中でまず、繁栄したのが盤竜類のなかま。次いで繁栄するのが獣弓類のなかである。獣弓類のなかまにはさまざまな種類がいたが、古生代ペルム紀末(P-T境界)の大量絶滅の際に、哺乳類の先祖であるキノドン類 (Cynodontia)などを残し全ての種が絶滅する。

これが有名なP-T境界といい、約2億5,000万年前古生代中生代の境目に相当する。古生物学上では史上最大級の大量絶滅が発生したことで知られている。

最古の哺乳類といわれるアデロバシレウスの出現は、次の時代である中生代三畳紀、約2億2500万年前とされている。アデロバシレウスは現在のトガリネズミのような外見であったと思われている。

恐竜の全盛時代であるジュラ紀、白亜紀哺乳類はネズミほどの大きさのものが多かった。しかし進化が停滞していたわけではない。白亜紀前期には、すでに有胎盤類が登場している。また、中国から発見された大型の哺乳類の化石(胃の辺り)から未消化の恐竜の子供が見つかっている。これは、哺乳類が恐竜を捕食していたということになる。

爬虫類が繁栄を極めた時代には、哺乳類は、夜の世界など爬虫類の活動が及ばない時間・場所などで生活していた。現在、鳥類などに比して哺乳類の視覚(とりわけ色覚)が全般的に劣っているのも、この長い夜行生活を経て視覚が退化したためである(二次的に色覚を獲得した霊長目を除く)。約6400万年前、恐竜等の大型爬虫類が絶滅し(K-T境界)、次の新生代では、その空白を埋めるように哺乳類は爆発的に放散進化し、多種多様な種が現れた。(参考HP Wikipedia単弓類・哺乳類)

先日、兵庫県篠山市の前期白亜紀1億4500万年〜9960万年前)の地層から、哺乳類化石を含む小型脊椎動物の化石群集があることが発見された。「人と自然の博物館」に持ち帰り調査をしたところ、が判明。日本最古級の哺乳類のあごや歯の化石3点が見つかった。

発見したのは、丹波市の元高校教諭の足立洌(きよし)さん(64)。2006年8月の丹波市内で国内最大の草食恐竜「丹波竜」の化石の発見者の一人である。足立さんは篠山層群を調べる会会員で、日頃の研究がまた実を結んだ。

今回の化石は体長十数センチの、ネズミに似た形だったとみられ、現存する哺乳類につながる国内最古の化石という。世界的に見ても前期白亜紀の哺乳類化石の発見は55例しかない、素晴らしい発見である。

「人と自然の博物館」の三枝春生主任研究員は「現生哺乳類への進化の過程解明にかかわる貴重な発見」と述べている。

「篠山市の小型脊椎動物化石速報展」として、6月15日(日)〜6月29日(日)「人と自然の博物館」3階小企画展示室横で公開される。

参考HP 兵庫県立「人と自然の博物館」
 → http://hitohaku.jp/index.html

関連するニュース
篠山層群:国内最古級の哺乳類化石を発見 兵庫・篠山


兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)は12日、同県篠山市の「篠山層群下部層」(1億4000万〜1億3600万年前)とされる白亜紀前期の地層から、哺乳(ほにゅう)類としては日本最古級のあごや歯の化石3点が見つかったと発表した。体長十数センチの、ネズミに似た形だったとみられ、現存する哺乳類につながる国内最古の化石という。同館の三枝春生主任研究員は「現生哺乳類への進化の過程解明にかかわる貴重な発見」としている。

発見された化石のうち、2つに割れていた右下のあごの骨をつなげると約2.5センチの長さになり、犬歯や大小の臼歯など計8本の歯も付いていた。臼歯の形などから、現存する哺乳類に進化する直前の「トリボテリウム類」かそれに近い仲間らしく、あごの形から新種とみられる。

世界的にも白亜紀前期の哺乳類化石の発見は55例しかない。国内でも、97年に石川県白山市で見つかるなど2例あるが、現存の哺乳類にはつながりがないという。

篠山層群は、同県篠山、丹波両市に広がる地層で、06年8月には丹波市内で国内最大の草食恐竜「丹波竜」の化石が見つかっている。今回の化石も丹波竜発見者の1人で、元高校教諭の足立洌(きよし)さん(64)=同県丹波市=が一部を発見、同館が掘り出した。【粟飯原浩】

▽冨田幸光・国立科学博物館地学研究部研究主幹(古哺乳類学)の話 現存の哺乳類につながる最も古いタイプで、世界的にも貴重な発見だ。これ以外にも貴重な化石が見つかる可能性が高く、期待がもてる。(毎日新聞 2008年6月12日)
 

哺乳類型爬虫類―ヒトの知られざる祖先 (朝日選書)
金子 隆一
朝日新聞社

このアイテムの詳細を見る
絶滅哺乳類図鑑
伊藤 丙雄,岡本 泰子,冨田 幸光
丸善

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキングへ ランキング ←One Click please