ニュースで学ぶサイエンス!このブログでは、最新科学情報をくわしく調べ、やさしく解説!科学がわかります。
日本一汚い「大和川」とは?
大和川(やまとがわ)は、奈良平野の中央と大阪府を流れ、大阪湾に注ぐ一級水系の本流。奈良県桜井市の北東部、貝ヶ平山(かいがひらやま、標高822m)近辺を源流としており、上流部では初瀬川と称される。

大和川が大阪平野に入り、石川と合流する場所では、古来からたびたび起きる水害に悩まされていた。このため大和川流域の人々は、何度も川筋を替えようとした。古くは788年に和気清麻呂が治水工事を行った記録がある。大和川が現在の川筋になったのは1704年のことである。

現在、奈良県などで下水道普及が遅れているなどの原因で、日本で最も水質が悪い河川とされる。しかし、今年11月19日、国土交通省大和川河川事務所が、孵化したばかりのアユの稚魚が24匹見つかったと発表した。

国土交通省の「全国一級河川の水質調査」
大和川の水の汚れを示す数値はピーク時の4分の1になり、水質は徐々によくなっているようだ。産卵場所も昨年初めて確認されている。一昔前の公害などで汚染された川のイメージは日本から消えつつある。このままみんなの協力で、環境にやさしい国を目指したい。ところで水質や川の汚れは何を持って決めているのだろうか?

国土交通省では昭和33年から一級河川(直轄管理区間)において水質調査を実施している。河川の水質は生活環境の保全に関する環境基準項目のうち、BOD(生物化学的酸素要求量)を調査した。全国の1級河川で大和川は平成17年から3年連続ワースト1位のままであるが、過去20年で大幅な改善が見られる。(BOD:20年前13.3mg/L→10年前9.2 mg/L→現在4.7 mg/L)

国土交通省で水質調査したBOD(生物化学的酸素要求量)とは何だろう?

BOD(生物化学的酸素要求量)とは?
生物化学的酸素要求量(Biochemical oxygen demand)は、生物化学的酸素消費量とも呼ばれる最も一般的な水質指標のひとつであり、主に略称のBODが使われている。

水中の主に有機物などによる汚れの量を測ったもので、その汚れを微生物が酸化分解するために必要とする酸素の量で表したものであり、特定の物質を示すものではない。単位は  mg/L または mg-2/L だが、通常 mg/L と略される。一般に、BODの値が大きいほど、その水質は悪いと言える。

BODの対象物質とは?
BODとして測定される物質は、有機物だけではない。無機イオンやアンモニアなども含まれる。

有機物:生物現象により酸化分解されるものの大部分が有機物であり、BOD測定の主たる目的である。だが、種類・性質ともに極めて多様なため、他の有機物測定方法(CODやTOCなど)の値と一致しないことが多い。特に排水処理設備や排水の環境負荷を評価する場合は十分把握しておく必要がある。

糖類や有機酸などはバクテリア内に速やかに吸収され、おおむね48時間以内に大半が酵素反応によって酸化分解されるため、含有量のほぼすべてが捕捉される。デンプン、タンパク質、脂質などは加水分解による低分子化過程を経るため吸収されるまで時間が掛かり、またバクテリアの種類や共存物質により分解速度が影響されやすい。含有量の30〜70%が捕捉される。
 
溶解性の低い物質や、ベンゼン化合物、プラスチック類など生分解性の低い物質は、BODとしてほとんど(20%からそれ以下)捕捉されない。
 
無機物:硫化物、亜硫酸イオン、鉄(II)など還元性の物質。測定値に含まれないよう対処しても、量や共存物質、操作によっては影響する。
 
アンモニア:試料中に硝化菌が多い場合、硝化作用を受けて亜硝酸や硝酸へ酸化される過程で酸素が消費される。

関連するニュース
「日本一汚い川」大和川、3年連続アユを確認


「日本一汚い川」と言われる1級河川の大和川(大阪、奈良)で孵化(ふか)したばかりのアユ24匹が見つかり、国土交通省大和川河川事務所が19日に発表した。同川での天然アユの確認は3年連続。

見つかったのは14日早朝。同事務所と大阪府、大阪市立大が10月から調査を続け、大阪府藤井寺市などで発見した。大和川の水質はよくなっており、産卵場所も昨年初めて確認されている。

水の汚れを示す数値はピーク時の4分の1になったが全国の1級河川では3年連続ワースト1位のまま。担当者は「アユがいる川にまでなった。順位は気にしないで」。
(asahi.com 2008年11月20日)

 

川に生きる―水危機の処方箋
高橋 裕
山海堂

このアイテムの詳細を見る
あなたの川は元気ですか―川仲間を求めます
石田 幸彦
百水社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please