科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 センスのよいユニクロ商品
 先日ユニクロへ行ってきた。話題の肌着「ヒートテック」を購入、実際に着てみた。思ったより薄いのに確かに暖かい。材質はポリエステル、アクリル、レーヨン、綿、ポリウレタンなど多彩。パッケージにも書いているように、この薄さは汗をよく逃がして蒸発させそうだ。

 ひと昔前と違って、ユニクロはセンスがよくなった。「地味な色で安っぽい」という感じがしなくなった。店内にはいるとまず鮮やかな色彩の衣服が多いのに驚かされる。製品もきれいに陳列されている。店員さんも多くよく声が出ている。その一角に「ヒートテック」の肌着のコーナーがあり、商品数も十分あった。

 暖かい肌着は何もユニクロだけでない。旭化成の「サーモギア」、ワコールの新商品が「ウェルサーモα」、ミズノの「ブレスサーモ」、ヘインズの「コンフォートウォーム」などはみな吸湿発熱素材を使い、しくみもほとんど同じである。だが、うまく宣伝にのせ、ユニクロが一歩抜け出した感じがする。

 吸湿発熱を科学的に検証
 インターネットで調べると「科学的な検証が必要だ」と注意を呼びかけているサイトもある。宣伝文句だけ見ると、今までのものと違ってどこまでも暖かいイメージを持ってしまう人もいるかもしれない。しかし、あくまでもエネルギー全体の出入りは変わらないので注意が必要だ。

 例えば、吸湿発熱素材というが水蒸気を吸収する限り、発熱があるのは事実だが当然水蒸気の吸収量には限界があるので、上がる温度も2〜3℃といったところだろう。

 だから水分を吸収したら、反対側から外へ逃がしてやらないともはや発熱しなくなる。しかも水蒸気になって逃げていくときに、温度を奪っていくので温度は下がる。一方、吸湿力は回復するので、また反対側から汗の水分を吸収し発熱する。「ヒートテック」ではこのバランスがよく取れているようだ。

 また化学繊維など、素材の多様さにも誤魔化されそうだが、基本的に吸湿さえすれば発熱するので、どんな繊維でもかまわない。あとは肌ざわりなど個々の性質による。

 繊維とは何か?天然繊維と化学繊維
 繊維とは、元来は布を織る材料となる糸の素材のことであるが、どのような繊維があるのだろう?ここでは繊維の素材と性質について調べよう。

 天然繊維
 まず繊維は自然界に存在する物が発見され使われた。おそらく動物の体毛、植物の樹皮から得られる繊維が始まりであろう。現在も植物の葉や皮をそのままに衣料として利用することもある。動物の長い毛も直接毛皮として利用している。 

 よく使われているのは、植物繊維では主成分はセルロースの綿、麻などである。動物繊維では蛋白質が主成分になる。絹、羊毛、アンゴラ、カシミヤなどがある。天然繊維にはこの他に石綿などの鉱物繊維や野菜などに含まれる食物繊維がある。

 化学繊維
 化学繊維とは、化学的プロセスにより製造される繊維の総称。再生繊維と合成繊維に分かれる。

 いろいろな再生繊維
 再生繊維は植物系と化学系の2つに分けられ、植物系は天然繊維の性質を持った物質(木材パルプ、綿)を溶かし繊維に作り変えたものであり、化学系はペットボトルを再生してできた繊維のことである。

 レーヨン
 レーヨン (rayon) は絹に似せて作った再生繊維であり、昔は人絹と呼ばれていた。パルプなどのセルロースを水酸化ナトリウムなどのアルカリと二硫化炭素に溶かしてビスコースにし、酸の中で紡糸して(湿式紡糸)製造する。ポリエステルなど石油を原料とした化学繊維と違い、加工処理したあと埋めると土に還る。吸湿、放湿性がよい。光沢があり美しい。よく染まる。 熱に強い。静電気を起こしにくい。 焼却した場合でも有害物質の発生がほとんどない。

 キュプラ
 銅アンモニアレーヨン (cuprammonium rayon) は、再生繊維の一種。キュプラやベンベルグとも呼ばれる。吸放湿性に優れ、一般的なレーヨン (ビスコースレーヨン) に比べ、耐久力や耐摩耗性などに優れている。銅アンモニアレーヨンの生産には銅アンモニア溶液 (シュバイツァー溶液) を用いる。この溶液は硫酸銅にアンモニア水を加え、塩基性硫酸銅とし、水酸化ナトリウムを加えることで作られる。この溶液は銅アンモニア錯体が生じ、セルロースを溶解させることが出来る。

 いろいろな合成繊維 合成繊維とは、有機低分子を重合させてつくった高分子を原料とする化学繊維のこと。合繊と略す。石油を原料としているものが多い。

 ナイロン
 ナイロン (Nylon) はポリアミド合成繊維の種類である。世界初の合成繊維のナイロン66(ナイロン6,6、ナイロン6-6とも)が含まれる。

 1935年、米デュポン社のウォーレス・カロザースが合成に成功した。カロザースが合成したナイロン66は、アジピン酸とヘキサメチレンジアミンを重合して作られる。一方、1941年に日本で合成されたナイロン6(合成当時の名はアミラン)はε-カプロラクタムを開環重合して作られる。

 女性のストッキング用として使われたのが始まり。石炭と水と空気から作られ、鋼鉄よりも強く、クモの糸より細い、というのが当時のキャッチフレーズだった。

 ポリエステル
 ポリエステル (Polyester) とは多価カルボン酸(ジカルボン酸)とポリアルコール(ジオール)との重縮合体である。ポリエチレンテレフタラート (Polyethylene terephthalate) は、ポリエステルの一種である。熱可塑性の合成繊維の中では、その結晶性から比較的熱に強く、生産量も最も多い。そのため、ペットボトルから繊維へといったリサイクルが比較的普及している樹脂でもある。

 アクリル
 アクリルとは、アクリロニトリルを主原材料にした合成繊維のこと。1950年にデュポン社が初めて工業生産を開始。柔らかい風合い、羊毛に似た性質からセーター、毛布の製造に多く使われるようになった。なお、温度変化に弱いので、織物には適していない。

 アクリル板とかアクリル樹脂として知られているものは、アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体で、透明性の高い非晶質の合成樹脂である。

 主な化学繊維の歴史
1885年 C.H.B. デ=シャルドネがニトロセルロースよりレーヨンを実用化する。(ニトロセルロースは1832年発明)
1891年 C.F.クロス、E.J.ベバン(E.J. Bevan)がビスコースレーヨンを発明する。
1918年 ベンベルグ社がE.テーレ(E. Thiele)のキュプラを実用化する。(銅アンモニアレーヨンは1857年発明)
1938年 デュポン社がウォーレス・カロザースのナイロンの製造を開始する。
1950年 インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)社がJ. R.ウィンフィールド(J. R. Whinfield) 、J. T.ディクソン( J. T. Dickson)のポリエステル繊維の製造を開始する。
1950年 デュポン社がアクリル繊維の製造を開始する。
1959年 炭素繊維が工業化される。(炭素繊維は1860年発明)


参考HP Wikipedia「繊維・化学繊維・再生繊維・合成繊維」
日本化学繊維協会 →
 よくわかる化学繊維 
 

なぜユニクロだけが売れるのか―世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション
川嶋 幸太郎
ぱる出版

このアイテムの詳細を見る
テキスタイルリーダース 世界に誇る日本の繊維素材のすべて
日本繊維新聞社
日本繊維新聞社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please