科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 「産業廃棄物」の不法投棄
 「産業廃棄物」とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類などをいう。これらの産業廃棄物が不法投棄される問題を「産廃問題」という。

  近年、「産廃問題」が「香川県豊島」や「青森・岩手県境」をはじめ、各地で表面化し、これを処理するのに、国が当初考えていたものより、はるかに多くの費用と時間が必要になることがわかってきた。

 各地の「産業廃棄物」からは、硫化水素、ダイオキシン、環境ホルモン、ヒ素、カドミウム、PCBなど、代表的な有害物質が検出されており、近くに住む住民にとっては重大な問題になっている。

 香川県豊島に見る「産廃問題」
これら「産廃問題」の原点ともいえる事例が「香川県豊島」に不法投棄された「産業廃棄物」の問題である。

 1975年から16年間、香川県豊島において、県から許可を得た豊島開発により、産業廃棄物が違法かつ大量に投棄・野焼きされ続けた。この間、県は立入検査を行っていたが、廃棄物の認定を誤り、豊島開発に対する適切な指導監督を怠った。

 1990年に兵庫県警が摘発し明るみに出た。不法投棄の実態が不明であったため、公害等調整委員会が大規模な実態調査を行った結果、約56万トンの廃棄物が投棄されていたことが判明した。

 2000年、公害等調整委員会における調停手続において、事業者側が住民に解決金を支払うこと、香川県が住民に謝罪し廃棄物を撤去・処理すること等を定めた調停が成立した。この調停に基づき、現在、香川県直島において廃棄物の処理が行われている。

 大量の産業廃棄物を処理するのに必要な予算は約500億円、これに対し豊島開発が受ける罰金はわずか50万円、経営者は懲役10月(執行猶予5年)の判決を受けただけである。

 産業廃棄物処理は事業者の責任であるが、豊島開発に処理費用500億円や住民に支払う解決金もあるはずがなく、事実上倒産、都道府県などの自治体が責任を引き受けることになった。

 「産廃問題」はどうやって解決するか?
 この大規模な不法投棄問題の対策として、国や自治体が早期解決を行うために制定されたのが「産廃特措法」である。

 「産廃特措法」は正式には「特定産業廃棄物に起因する支障の除去等に関する特別措置法」といって、平成15年6月18日に制定された。

 平成9年の廃棄物処理法改正前に不法投棄が開始された産業廃棄物について、都道府県等が自ら行う対策費用に対して、国庫補助および地方債の起債特例などの特別措置による財政支援を行うための枠組みを規定する特別措置法である。2003年度から10年間の時限法(時限立法)である。

 なお、平成9年廃棄物処理法改正法の施行以降に行われた産業廃棄物の不適正処分については、同改正法で規定された産業界からの出えんによる原状回復基金により、都道府県又は保健所設置市が行う原状回復を行うこととなっている。

 これは欧米の制度を真似たものだが、産廃のすべてを処理できる基金は集まっていない。

 いつまで続く?経済優先社会の憂鬱
 我が国では、明治維新以降、形だけ欧米を真似続けており、そのため経済優先主義に陥り、このように儲ければ環境はどうなってもよいという、「産業廃棄物」などの公害問題がまだ続いている。

 「公害」は過去の遺物ではなく、現在進行形なのに驚かされる。これほど数多く起きているのは、日本と中国ぐらいではないだろうか?いや中国では「ゴミは資源である」といってリサイクル業を発展させている。中国の方がマシかもしれない。

 欧米では、最終的に宗教の国なので「貧しくても清く正しく生きると」いうのが美徳になり、それが歯止めになっている感じがする。(米国は怪しい)

 多発する振り込め詐欺・増える凶悪事件
 これに対し日本では、多発する「振り込み詐欺事件」や、まだ数は少ないが突発する「凶悪事件」を見ると、経済が最大の価値になっているから、貧しいことは悪であるかのような、世の中の風潮があり、犯罪に結びつく遠因になっているのではないかと思う。もし経済力だけがすべてならば、現在の不況には「救い」がどこにもない。

 TVの「振り込み詐欺」の追跡番組で、レポーターが取材を申し込むと「おれはお前らよりも100倍稼いでいる」と返した悪徳業者の捨て台詞が忘れられない。彼にとって「稼ぐかどうか」が、人間の価値尺度なのだろう。

 「私は違う」と言える人が全国にどれほどいるだろうか?不景気の現在、まだしばらくはこのような犯罪は増えていく心配がある。1日も早く、正しい宗教価値に基づく、心優先社会への転換を図るべきである。集え!光の天使!

 産業廃棄物とは何か? 「産業廃棄物」とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類などをいう。

 産業廃棄物のうち、原油などの爆発性、廃酸、廃アルカリなどの毒性、感染性など人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物といい、さらに、廃ポリ塩化ビフェニル、ポリ塩化ビフェニル汚染物、廃石綿、ばい塵などは特定有害産業廃棄物と言う。

 家庭等から排出される一般のごみ(一般廃棄物)は市町村に処理責任があるのに対し、産業廃棄物は事業者に処理責任がある。法的に取り扱いが異なるため、廃棄にあたっては、市町村等の一般廃棄物用の処理施設での処理・処分することはできない。産業廃棄物を処理・処分できる許可を受けた産業廃棄物処理事業者へ処理・処分委託することとなっている。

 産廃特措法とは何か? 特定産業廃棄物に起因する支障の除去等に関する特別措置法(通称 産廃特措法)

 「産業廃棄物」について、都道府県等が自ら行う対策費用に対して、国庫補助および地方債の起債特例などの特別措置による財政支援を行うための枠組みを規定する特別措置法。2003年度から10年間の時限法(時限立法)である。

 なお、平成9年廃棄物処理法改正法の施行以降に行われた産業廃棄物の不適正処分については、同改正法で規定された産業界からの出えんによる原状回復基金により、都道府県又は保健所設置市が行う原状回復の支援を行うこととなっている。

 目的
 第一条  特定産業廃棄物に起因する支障の除去等を計画的かつ着実に推進するため、環境大臣が策定する基本方針等について定めるとともに、都道府県等が実施する特定支障除去等事業に関する特別の措置を講じ、もって国民の健康の保護及び生活環境の保全を図ることを目的とする。

 制定の背景
 「豊島不法投棄事案(香川県)」や「青森・岩手県境産廃不法投棄事案」の大規模な不法投棄問題の対策について早期解決を行うために制定された。

 概要
 環境大臣は特定産業廃棄物に起因する支障の除去等を平成24年度までの間に、計画的かつ着実に推進するための基本的な方針(基本方針)を定める
都道府県等は、基本方針に即して、その区域内における特定産業廃棄物に起因する支障の除去等の実施に関する計画(実施計画)を定めることができる
 
 国は、産業廃棄物適正処理推進センターが、特定産業廃棄物に起因する支障の除去等を行う都道府県等に対し資金の出えんを行う場合には、予算の範囲内において、その業務に係る基金に充てる資金を補助することができる

 特定産業廃棄物に起因する支障の除去等を行うに当たり都道府県等が必要とする経費について、地方債をもってその財源とすることができる
また以下の事項を基本方針としている。

 「特定産業廃棄物に起因する支障の除去等の推進に関する基本的な方向」として、過去に不適正処分が行われた産業廃棄物(特定産業廃棄物)に起因する生活環境の保全上の支障を、2003年度から10年の期間内に計画的かつ着実に問題の解決に取り組むこと等を定めている。
 
 「特定産業廃棄物に起因する支障の除去等の内容に関する事項」として、特定産業廃棄物の種類及び量、最も合理的に支障の除去を実施することができる処理方法の選択、事業に要する費用及び出えん額等の考え方、特定産業廃棄物の処分を行った者等に対して行う措置の内容等について定めている。
 
 「その他特定産業廃棄物に起因する支障の除去等の推進に際し配慮すべき重要事項」として、周辺の生活環境モニタリングの実施、都道府県等相互の協力及び連絡調整等を定めている。

 法の適用事例
 都道府県に対し、国は適正処理推進センターを通じて資金を出えんする等の財政支援を行っている。以下の日付は、実施計画に対する環境大臣の同意時期。

豊島不法投棄事案(香川県)H15.12.09
青森・岩手県境不法投棄事案(青森県)H16.01.21
青森・岩手県境不法投棄事案(岩手県)H16.01.21
山梨県須玉町事案(山梨県) H16.08.30
秋田県能代市事案(秋田県)H17.01.21
三重県桑名市事案(三重県)H17.3.31
新潟県上越市事案(新潟県)H17.4.14
福井県敦賀市事案(福井県)H18.3.23

参考HP Wikipedia「産業廃棄物」「産廃特措法」
香川県豊島問題ホームページ →
http://www.pref.kagawa.jp/haitai/teshima/TESHI-1.HTM
 

ゴミが降る島―香川・豊島 産廃との「20年戦争」
曽根 英二
日本経済新聞社

このアイテムの詳細を見る
図解入門ビジネス 最新産廃処理の基本と仕組みがよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book)
尾上 雅典
秀和システム

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ   ←One Click please