科学大好き!アイラブサイエンス!このブログでは、最新科学ニュースをくわしく調べ、やさしく解説!みるみる科学がわかります。
驚異的な女性の記憶力
女性の記憶力のよさには驚く。男性が忘れていることをしっかり覚えている。世の男性達は心当たりがあるであろう。男にとっては「失敗は成功のもと」であるが、女性にとっては「失敗は攻撃材料」である。しっかり覚えていて、あのときはこうだった、このときはああだったと繰り返しいう。

この能力は、ただ者ではないと思っていた。すると今回、理化学研究所で「女性ホルモンのエストロゲンに、脳の血管を広げて血流を増やし、記憶や学習の能力を改善させる効果がある」ことを発見した。

なるほど女性の記憶力のよさは、女性ホルモンの働きによるものか...これでようやく納得できた。この実験、理化学研究所(理研)がマウス実験で発見した。10日付の米科学誌プロス・ワンに発表した。

アセチルコリンの血管拡張効果
これまで、脳内の血液循環は、脳内にアセチルコリンがあると、脳血管拡張効果があがり神経細胞が成長し、記憶学習能力も改善することが知られていた。

遺伝的にアセチルコリンを脳に取り入れないマウスは、慢性脳循環障害を引き起こし、記憶力が低下する。ところが、このような異常は、オスのマウスだけで観察され、メスのマウスには記憶力の低下は見られなかった。

エストロゲンに血管拡張効果
この性差に着目し、卵巣から放出されるエストロゲンの作用を調べたところ、エストロゲンがアセチルコリンと同様に脳血管拡張効果を持ち、脳血管拡張機能を代償していることが分かった。

オスの脳循環障害マウスにエストロゲンを投与したところ、脳血管拡張効果が見られ、記憶学習能力も改善していることが判明した。本研究の成果は、アセチルコリンとエストロゲンが共に脳血管の拡張効果を持ち、共通のメカニズムで記憶改善に働くことを示した。

特に、神経突起の萎縮が可逆的に改善できたことは、脳血管の拡張メカニズムが、予防的な薬だけではなく、発症後の機能改善に役立つ薬の開発のターゲットとなりうると期待できるという。

エストロゲンとは何か?
卵巣や胎盤、副腎皮質、精巣でも作られ、思春期以降分泌が増加し、プロゲステロンとともに月経周期に応じて濃度が変化する。女性の性活動、二次性徴を促進する働きがある。

更年期以降は分泌が減少する。女性の尿には、大量のエストロゲンが含まれるため、下水処理水も多量のエストロゲンを含むことになり、環境ホルモンの環境への排出が問題になったことがある。

男性の場合はテストステロンを元にエストロゲンが作られて分泌される。その量は更年期の女性と同程度とされる。思春期にテストステロンが増えるのにつれエストロゲン濃度も増加し、ホルモンバランスにより、男性でも女性化乳房が起こったりすることがあるという。

関連するニュース
「メスはオスより記憶障害に強い」理研、マウス実験


メスはオスよりも記憶障害に強い――。こんな研究成果を、理化学研究所脳科学総合研究センターのチームがマウスの実験で示した。女性ホルモンの「エストロゲン」が脳の血液循環をよくして、短期記憶能力を改善する働きをしているという。9日付の米科学誌プロスワンに発表した。

チームは、神経の情報伝達にかかわるアセチルコリンという物質を働かなくさせ、血液循環の悪いマウスをつくって、脳への影響を電子顕微鏡などで解析した。

すると、オスは血流の低下とともに、脳の神経細胞の間を埋めている細胞が膨張して、神経細胞の突起が萎縮(いしゅく)。迷路を使った短期記憶のテストをしたら、学習能力が落ちていた。ところが、メスには異常が現れなかった。

チームは、メスの卵巣から出るエストロゲンがかかわっているのではないかと推測。脳の血流の低下で記憶力が落ちたオスにエストロゲンを投与したところ、血流が戻り、神経細胞の突起の萎縮も回復。迷路のテストの結果も、通常のレベルに戻った。

同研究センターの山田真久ユニットリーダーは「女性の脳は生まれながらにして環境変化に強いことを示している。神経の突起の萎縮が起こるしくみなどを解明して、脳機能を改善させる薬の開発に役立てたい」と話す。(asahi.com 2009年4月10日)

参考HP Wikipedia「エストロゲン」・理化学研究所 女性ホルモン「エストロゲン」の記憶改善効果の一端を解明 

記憶力が劇的に回復!―忍び寄る“記憶力低下症候群”からどう家族を守るか 厳選28人の体験談 (健康ブックス)
板倉 弘重
史輝出版

このアイテムの詳細を見る
図解 できる人の記憶力倍増ノート―1分間で、「面白いようにモノが覚えられる」アタマを作る!
椋木 修三
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please