ミドリムシとは何か?

 そう、わずか体長約0.1ミリ、動物と植物の中間の性質をもつ生物だ。葉緑体をもつ鞭毛虫の一種である。属名は「ユーグレナ(Euglena)」で、この意味は「eu '美しい'」 +「 glena '眼点'」。名称としてミドリムシの代わりに「ユーグレナ」植物と呼ぶ事も多い。

 ミドリムシの鞭毛の付け根には、ユーグレナという名の由来でもある真っ赤な眼点があるが、これは実は眼ではない。眼(感光点)はすぐ近くの鞭毛基部の膨らみに局在する、光活性化アデニル酸シクラーゼ(PAC)の準結晶様構造体である。真っ赤な眼点の役目は、特定方向からの光線の進入を遮り、感光点の光認識に方向性を持たせるためにある。



 病原性ミドリムシ?

 ミドリムシは、その鞭毛をもつ姿から、原生動物門 鞭毛虫綱 の植物鞭毛虫などとして扱われた。ミドリムシのなかまには、眠り病の病原虫であるトリパノソーマを含むキネトプラスト類のあることが明らかとなっており、近年では両者をまとめたユーグレノゾアとして、エクスカバータとする分類方法が多い。

 眠り病とは、アフリカ睡眠病ともいい、ツェツェバエが媒介する寄生性原虫トリパノソーマによって引き起こされる人獣共通感染症である。病状が進行すると睡眠周期が乱れ、もうろうとした状態になり、さらには昏睡して死に至る疾患であり、これが名前の由来となっている。

 眠り病は、アフリカのサハラ以南36ヶ国6千万人の居住する領域における風土病で、感染者は5万人から7万人と推計されている。 病原体であるトリパノソーマは、ミドリムシそっくりの形をしている。


 ミドリムシの可能性

 ミドリムシはわずか体長約0.1ミリ、水田などどこにでもすむ。緑色の動物という、その姿が話題になるが、注目すべきはその光合成能力である。CO2の吸収能力は、熱帯雨林の数十倍にも達する。

 バイオベンチャー企業「ユーグレナ社」は、ミドリムシを素材にした健康補助食品やクッキーを製造、販売している会社だ。今回「ユーグレナ社」は、火力発電所の多量の二酸化炭素(CO2)を含む排ガスを使って、ミドリムシを培養することに成功した。

 この排ガスはCO2濃度が大気の400倍近い約15%に達する。ガスを入れた培養液は酸性になり、大半の生物は生きられないが、ミドリムシは順調に成長する。増殖速度は空気を通した場合の最大20倍に達した。排ガス中の豊富なCO2で光合成をし、増殖した。


 一石三鳥の超微生物

 さらに、ミドリムシなどの藻類は、細胞内に脂質が多く、細胞を壊して化学処理すれば良質なバイオディーゼル燃料になるという。

 そして、食べても豊富なビタミンやミネラル、アミノ酸、そしてDHA、EPAなど、人間が生活するのに必要なカロリー以外の栄養が全てがそろう成分を持つ。

 ただの奇妙な生物だと思っていた「ミドリムシ」に、バイオ燃料やCO2吸収などの温暖化対策、そのうえ食糧にもなる「一石三鳥」の可能性があるとは思わなかった。ミドリムシは地球を救う、すばらしい可能性を秘めた超微生物である。


 ミドリムシ:火発排ガスで培養 温暖化対策に新技術

 ユーグレナ(ミドリムシ)の顕微鏡写真=ユーグレナ社提供 動物と植物の中間的性質を持つ単細胞生物「ミドリムシ」を、多量の二酸化炭素(CO2)を含む火力発電所の排ガスを使って培養することにバイオベンチャー企業「ユーグレナ」(東京都)が成功した。同社はミドリムシからバイオ燃料を作る技術も開発中で、排ガスのCO2を減らしたうえ、代替燃料を作る新たな温暖化対策として注目されそうだ。

 ミドリムシは体長約0.1ミリ、水田などにすむ。光合成によりCO2を吸収する植物の性質を持ちつつ、鞭毛(べんもう)という器官で動物のように動く。光合成能力が高いのが特徴で、熱帯雨林の数十倍に達する。

 同社は2005年、沖縄県石垣市に食用可能なミドリムシの大量培養施設を世界で初めて建設。ミドリムシを素材にした健康補助食品やクッキーを製造、販売している。今年6月、沖縄電力金武(きん)火力発電所(沖縄県金武町)で、煙突から出る直前の排ガスをミドリムシの培養槽に吹き込む実験を行った。

 この排ガスはCO2濃度が大気の400倍近い約15%に達する。ガスを入れた培養液は酸性になり、大半の生物は生きられないが、ミドリムシは順調に成長した。増殖速度は空気を通した場合の最大20倍に達した。排ガス中の豊富なCO2で光合成をし、増殖したとみられる。

 ミドリムシなどの藻類は、細胞内に脂質が多く、細胞を壊して化学処理すれば良質なバイオディーゼル燃料になる。同社は、培養したミドリムシからバイオ燃料を作り、発電などに利用、その排ガスで再度ミドリムシを培養−−という循環システムの開発を目指す。出雲充社長は「ミドリムシが高CO2濃度のガス中でも育つと証明できた。CO2削減と炭素循環型社会の実現を進めたい」としている。(毎日新聞 ‎2009年8月29日土曜日‎) 


参考HP Wikipedia「ミドリムシ」「眠り病」・ユーグレナ社・毎日新聞

完全無添加のサプリメント ハイ・ユーグレナ

ハイクロレラ

このアイテムの詳細を見る
石垣島の大自然の恵み〜ロハスデザイン大賞受賞〜「euglena pure」ユーグレナピュア(90粒入り=15日〜30日分)

株式会社ユーグレナ

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please